2017.5.30

パルコが宅配ボックスの実証実験開始、ブロックチェーン技術を活用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)パルコは(株)セゾン情報システムズは30日、ブロックチェーンテクノロジーを活用した宅配ボックスとパルコが運営するWEB通販サービス「カエルパルコ」とを連携した実証実験を共同で開始した。実施期間は6月9日まで。

 

宅配ボックスと「カエルパルコ」が連携

 同実証実験では、セゾン情報システムズが昨年開発した「本人のみ受取り可能な宅配ボックス」と、パルコの「カエルパルコ」が連携することにより、ECサイトで購入した商品が宅配ボックスで受け取れるようになる。商品購入後、セゾン情報システムズのスタッフ(※実稼働時は配送会社)が配送を手配し、ブロックチェーンとIoT技術を用いた宅配ボックスに荷物を納入。この際、ブロックチェーン上に納入記録と施錠が記録される。荷物を受け取る利用者は、個人のスマートフォンからブロックチェーン上に解錠を要求することで宅配ボックスが解錠。荷物の受領が記録される。

1 2

関連記事