2019.5.25

単品リピート通販向けカートとは?各社の19年最新動向は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
no Image

本記事では単品リピート通販向けカートとはどのようなものかを説明していきます。健康食品や化粧品といった、リピート商材を扱う通販・EC事業者にとって、継続購入を強くアシストする機能を豊富に備えた単品リピート通販カートシステムはなくてはならない存在です。本稿では、品リピート通販向けのカートシステムの種類の説明から、19年3月以降のサービス提供各社の最新動向をまとめました!

 

単品リピート通販とは何?カートシステムってどういうもの?

 単品リピート通販向けのカートシステムは、各支援企業がASP型からカスタマイズ、フルカスタマイズまで提供しており、利用料金も月額9800円からとラインナップが豊富です。そもそも「リピート通販ってなに?」「単品リピート通販向けカートシステムってどういうもの?」という方は、下記記事を参考にしてください!

 

▽関連記事1:リピート通販とは?EC・通販を成功を導く仕組みを徹底解説

 

▽関連記事2:単品通販サイトに最適なリピート通販システムとは!?

 

■リピート通販システムの資料はコチラ!

 

単品リピート通販向けのカートシステムはどれくらい種類がある?

 単品リピート通販向けのカートシステムは、複数社がさまざまなサービスを展開しています。

 

(サービス名/サービス提供会社)

・たまごリピート(テモナ株式会社)

 

 

 たまごリピートは定期販売・頒布会販売を簡単・シンプル操作、自動管理できる継続販売専用のショッピングカートシステム。定期注文や頒布会注文をエクセルなどで管理しきれなくなった店舗運営者の方に最適。販促ツールやサイト分析ツールも標準装備されている。

 

■資料はコチラ!

 

▽関連記事:大規模ECのコストが大幅減、「たまごリピートNext」が好調

 

・リピスト(株式会社PRECS)

 

 

 リピストは、CVが上がりやすいLP一体型フォームやオプションが豊富な点が特長のリピート系のカートASP。機能を必要最小限に抑えることにより、低価格を実現している。ECサイトを新規で立ち上げる場合でも、カートシステムにかかる費用を安価に抑えることができる。料金プランは4つあり、初期費用2万9800円(税別)、月額料金1万4800円(同)から利用できる。オプション追加で機能拡充することも可能。

 

 

▽関連記事:6年で売上12倍!「BELTA」のビーボ急成長の裏側に密着

 

・侍カート(株式会社FID)

 カスタマイズにも対応したリピート通販システム「侍カート」を主軸に「MOTENASU(モテナス)」というLTVを伸ばすためのMAツールも発売している。

 

 

▽関連記事:リピート通販で「Amazon Pay」の利用が拡大する理由

 

・リピートPLUS(w2ソリューション)

 

 

 リピートPLUSはECサイトやネットショップの規模が拡大基調にある企業に最適なASPカート。「優良顧客の育成・LTVの向上」「業務効率化」を目的として作られており、初回のお試し、モニターなどの初回LPカートと、定期への引き上げ用、定期2回目など、複数のLPカートの作成やノベルティやチラシ、セットプロモーション、会員価格ノベルティやちらし、セットプロモーション、会員価格など、集客や販促を効果的に行うための機能が豊富。

 

■リピート通販システムの資料はコチラ!

 

単品リピートカートシステムの最新動向は?

 通販通信でも、「単品リピートカート」システム関連のニュースを多く取り上げています!19年2~5月以降に取り上げたニュースでは、各システムが新たに決済システムやCRMツールと連携したなどといった話題を取り扱っています。そのほか、テモナの「たまごリピートNext」が「サブスクストア」として、大型のアップデートのニュースもありました。

 

・リピスト、ゼウスの決済サービスと連携…PCIDSSに完全準拠(19/5/21)

 

 (株)PRECSが提供するリピート通販専用カート「リピスト」が、SBI FinTech Solutions(株)の子会社で決済サービス事業を手がける(株)ゼウスとのクレジットカード決済サービスと連携した。

 

・リピスト、問い合わせ対応管理システムRe:lationと連携(19/5/10)

 

 (株)PRECSが提供するリピート通販専用カート「リピスト」が、(株)インゲージが提供する問い合わせ対応コミュニケーションクラウド「Re:lation(リレーション)」との連携を開始した。

 

・カート・CRM機能を一気通貫、リピストとカスタマーリングスが連携(19/4/30)

 

 (株)PRECSが提供するリピート通販専用カート「リピスト」が、(株)プラスアルファ・コンサルティングのCRM/マーケティングオートメーションツール「カスタマーリングス」と自動連携した。

 

・侍カートに「仮想ショップオプション」、複数ショップを一元管理(19/4/23)

 

 (株)FIDは22日、定期通販向けのECシステム「侍カート」で、「複数ショップ」「複数ブランド」の構築・運営を可能にする「仮想ショップオプション」の提供を開始した。

 

・テモナ、東証1部に上場市場変更…「サブスクといえばテモナ」体現へ(19/4/15)

 

 テモナ(株)は12日、上場市場を東京証券取引所マザーズ市場から東京証券取引所市場第1部へと市場変更した。同社では、18年5月から市場変更するための手続きに着手。この度、東証の承認を受けた。

 

・企業向けサブスク専用受発注システム「サブスクストアB2B」開始(19/4/10)

 

 テモナ(株)は10日、メーカー・卸売会社など企業向けの販売を行う「B2B」取引専用WEB受発注システム「サブスクストアB2B」の販売を開始した。

 

・たまごリピートNextが「サブスクストア」に、物販以外も対応(19/4/10)

 

 テモナ(株)は10日、サブスクリプション型のビジネスモデルを採用する事業者向けのサービス「サブスクストア」(旧「たまごリピートNext」)の販売を開始した。「サブスクストア」の販売開始に合わせて、お笑いタレント「ロザン」の宇治原史規さんを起用したCM動画「これいいじゃないか篇」「アイデア迷走篇」も配信開始となった。

 

・楽楽リピートとアトディーネが連携、購入時の即時与信機能を開始(19/4/2)

 

 (株)ネットショップ支援室は1日、定期特化型ECカートシステム「楽楽リピート」と、ジャックス・ペイメント・ソリューションズ(株)の後払い決済サービス「アトディーネ」との連携機能を強化し、商品購入時に与信の審査ができる「WEB購入時即時与信機能」を開始した。

 

・テモナとイーロジットが連携、サブスクビジネスの倉庫業務を効率化へ(19/3/6)

 

 サブスクリプションビジネス支援サービスを提供するテモナ(株)と、通販物流フルフィルメントサービスを提供する(株)イー・ロジットは5日、通販事業者向け次世代サブスクリプションシステム「たまごリピートNext」と倉庫管理システム「WMS(EL5)」の連携を開始したことを発表した。

 

・w2ソリューション、各カートシステムに「EFO CUBE」実装(19/2/5)

 

 カートシステム「w2Commerce」「リピートPLUS」を提供するw2ソリューション(株)とEFO(エントリーフォーム最適化)ツールを提供する(株)GeeeNは2月4日、業務提携したと発表。同日から「w2Commerce EFO」「リピートPLUS EFO」の提供を開始した。

 

 単品リピート通販向けカートシステムに関する通販業界のニュースは毎月さまざまな内容のものがリリースされています。最新情報は、「通販通信」で是非ご確認ください!

 

■リピート通販システムの資料はコチラ!

関連記事