2018.11.28

1クリックで済む効率的な加工写真の作り方…売れる商品画像講座(7)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

超効率化ツールZenFotomatic(ゼンフォトマティック)とは?

売れる商品画像の作り方をおさらい!

「通販通信」読者のみなさん、こんにちは。商品画像自動作成ツール「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を提供するグラムス(株)の藤井です。

 

 今回で連載も7回目。いよいよ後半に突入となりました。

 

▽連載一覧

第一回:「売れる商品画像」は思い込み?

 

第二回:1秒の効率化で大きく業務改善!

 

第三回:ECが構築すべき商品撮影環境とは?

 

第四回:超効率的な画像処理を実現するには?


第五回:商品撮影はスマホでOK!?その理由とは…

 

第六回:一眼レフは難しくない!業務改善も実現!?

 

 これまで、実務者の目線から「売れる商品画像の作り方」をテーマに撮影・加工方法・撮影環境構築について解説してきました。

 

 当コラムをご覧の方は、おそらく商品画像の作成業務に関して、画像のクオリティー向上はもちろん、加工業務の効率化にも関心をお持ちではないかと思います。

 

 「売れる商品画像」作成業務の中でも、業務負荷が大きい加工作業。しかも昨今では白背景のシンプルな商品画像が各ECモールの出店規約にも盛り込まれるなど、これまで主観的に「売れる」とされてきた商品画像の形式そのものが大きく変わりました。

 

 第四回目のコラムでは代表的な加工ツールをいくつかご紹介し、その使い方などをご紹介しました。今回は、効率面とクオリティー面で最もバランスのとれた商品画像加工ツールである「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を掘り下げてご紹介いたします。

 

 

 

 

手間の嵐!従来の「商品画像の作り方」を一気に効率化!?

 ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)は、撮影された商品写真を、大量一括・全自動処理により「売れる商品画像」に必要な作業を行う、オンライン商品画像加工ツールです。

 

 

 

 商品画像の加工と一口に言っても、その内容は・・・

・「撮影した写真のリサイズ」

・「白背景化」

・「被写体のセンタリング」

・「角度補正」

・「余白の調整」

・「明暗補正」

・「スタンプ挿入」

・「ウォーターマーク(透かし文字など)挿入」

 

・・・などなど、非常に細かい作業の集合体です。

 

 ZenFotomaticはこうした必要な全ての作業を、一括で自動処理が可能です。

 

 また、商品画像は一枚ではありませんよね?実際には、商品画像は多く掲載したほうがCVR(商品ページを訪れた数に対して購入に至った割合)が高い傾向にあります。

 

 ですので、1枚1枚作業が自動化されても、撮影された商品写真の全ての処理が終わるまで作業者はコンピュータの前から離れられません。これでは効率化にも限界があります。

 

 ZenFotomaticでは、撮影された商品写真をまとめてアップロードし、加工ボタンを1クリックするだけで加工が完了します。

 

 ブツ撮りでもモデル写真でも、形や大きさ、アングルの異なるさまざまな写真でも、それぞれ個別に自動認識され、あらかじめ設定された値に基づいて一括処理できます。

 

 加工する写真が何千枚あっても作業完了するまで人がパソコンに張り付いている必要はありません。

 

 実際に従来の画像加工ソフトで人間が一枚一枚加工した場合とZenFotomaticでの加工を比べた動画がこちらです。

 

 

 午前中に新入荷商品30点の商品撮影をしてZenFotomaticにアップロード、ランチからオフィスに戻ってきたときには全て「売れる商品画像」に加工が完了!という状況を生み出すことができます。実際に世界150カ国にいるZenFotomaticユーザーは既にこうした「ながら作業」フローに移行して超効率化を実現しています!

 

画像加工の超効率化実現のための準備

 「1クリックで大量の写真を自動で商品画像に加工するツール」と聞くと何でもできるマジックボックスのように聞こえますが、あくまで”道具”です。どんなツールでも同様に正しい使い方をして初めてその効果が最大化されます。

 

 ただ、ZenFotomaticはプロのカメラマン向けのツールではなく、元々EC事業者が開発したEC事業者のためのツールです。つまり、かなり操作性に優れていルノです。

 

 ZenFotomaticに最適な撮影方法や、コツなどは以下の動画をご覧ください。

 

・ZenFotomaticの加工に適した画像

 

・簡単に立体感ある美しい商品写真を撮影する方法

 

 次のページでは、効率化を実現するたった3つのステップについて説明します!

 

1 2 3 4

関連記事