2018.8.28

超効率的な画像処理を実現するには?…売れる商品画像講座(4)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「通販通信」読者のみなさん、こんにちは。商品画像作成ツール「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を提供するグラムス(株)の藤井です。

 

 昨今の楽天市場の商品画像登録ガイドラインの必須化Amazonの商品画像登録ガイドライン取り締まりの厳格化によって、当コラムも多くの反響をいただいています。このコラムでは、これらのガイドライン対応に即した内容を紹介していますので、今回もEC担当者である皆さんの課題解決のお役に立てる内容をお届けします!

 

 さて、前回までのコラムで、「売れる商品画像」とその作成業務における効率化の重要性についてお話ししてきました。

第一回:「売れる商品画像」は思い込み?
第二回:1秒の効率化で大きく業務改善!
第三回:ECが構築すべき商品撮影環境とは?

 

 簡単にポイントをおさらいすると、

・売れる商品画像 = シンプルな白背景の商品画像
・商品画像のクオリティーと作業の効率化のバランスが大切
・その為には先ず撮影環境の構築から

 という内容でした。


クオリティーを保ちながら効率的に画像加工する方法とは?

 今回は商品画像作成業務の中で最も負担の大きい画像加工作業を、”一定のクオリティーを保ちつつ効率化”する方法をお伝えしていきます。

 

 

 

1 2 3 4

関連記事