2019.3.29

ショップチャンネルに1500万円の課徴金、無効な将来価格表示で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は29日、ジュピターショップチャンネル(株)に対し、景品表示法に基づき計1534万円の課徴金納付命令を出した。同社は、無効な将来価格による二重価格表示をしていたとして18年3月に措置命令を受けていた。

 

 

40型テレビやズワイガニの価格表示で18年3月に措置命令

 ショップチャンネルが違反表示認定を受けたのは、テレビ通販で販売していた40型テレビやズワイガニ。「期間限定価格」などとして高い割引率の販売価格を表示していたが、「明日以降」「期間終了後」などとして表示した通常販売価格(将来価格)が3日間程度の販売実績しかなく、「実態のない価格」と判断され措置命令を受けていた。「将来価格」が実態のある価格と認められず、二重価格表示の違反と認定されたのはこのケースが初。

(▽関連記事1:テレビ通販で二重価格、ショップチャンネルに措置命令

 

(▽関連記事2:二重価格表示の監視強化、違反表示が減らず牽制球か

1 2

関連記事