2019.3.22

消費者庁、ティーライフとGLORIAに景表法の課徴金納付命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は22日、18年7月までに景品表示法に基づく措置命令を受けていたティーライフ(株)と(株)GLORIA(グロリア)の2社に課徴金納付命令を出した。課徴金額は、ティーライフが1313万円、GLORIAが4598万円。

 

 

ティーライフ、17年秋の措置命令の課徴金は1313万円

 ティーライフは、自社ECサイト上で「ダイエットプーアール茶」に根拠なく製品を摂取するだけでダイエット効果があるかのように表示していたとして、17年9月に措置命令を受けた。(▽関連記事:ダイエット茶で不当表示、消費者庁が健康食品会社に措置命令)今回は、消費者庁と公正取引委員会事務総局中部事務所の調査によるもの。

 

 課徴金額から逆算すると、ティーライフは16年5月18日から17年2月1日まで(=違反表示が認定された期間)の「ダイエットプーアール茶」は約4億3000万円を売り上げていたとみられる。

1 2

関連記事