2019.3.20

都道府県の景表法執行、再び盛んに…産経やモール出店社に措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

再び都道府県による景品表示法の執行が盛んになってきている。大阪府は19日、(株)産業経済新聞社(以下、産経新聞)と大阪府内の2つの販売店に対して景表法違反の措置命令を出した。通販関連では、大阪府が13日に大阪府内の実店舗と楽天市場でシュークリームを販売していた事業者に対し景表法の措置命令を行った。そのほか2月末には東京都が小顔矯正エステサロンに対して措置命令を行っている。

 

産経新聞は「過大な景品」の違反で全国初の摘発に

 産経新聞の景表法違反のポイントは、「過大な景品類の提供」があったことだった。新聞業の場合、懸賞ではない景品類は「取引の価額の8%は6か月分の購読料金の8%のいずれか低い金額の範囲」と景表法で制限されている。約8万円相当の電動アシスト自転車など制限範囲を超える過大な景品が含まれていた。産経新聞では、購読者へ提供する景品類は販売店から本社に発注する形式をとっていた。大阪府の調べでは、制限を超過する景品類の発注は産経新聞社直営の販売店や産経新聞社の子会社が運営する販売店からのものが含まれていた。

 

 大阪府によると過大な景品類の提供(=景表法 第4条)違反により措置命令が行われるのは、全国初の事例となる。

1 2

関連記事