2019.3.29

ヘアケアで初の景表法違反、白髪染めサプリの通販会社に措置命令

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は29日、通販会社(株)アルトルイズムに対して景品表示法に基づく措置命令を出した。同社は、ヘアケアサプリ「黒フサ習慣 ブラックマックスS」に関して根拠なく摂取するだけで白髪染めに効果があるかのような表示をしていた。また、体験談に関する打ち消し表示も無効であると判断された。今回の件は、消費者庁と公正取引委員会事務総局九州事務所の合同調査による。「髪」に関する表示で措置命令が出されるのは今回は初の模様。

 

 

消費者庁と公取九州、「健幸生活研究社」のアルトルイズムに措置命令

 アルトルイズムは「健幸生活研究社」の屋号で通販を展開する福岡の通販会社。「黒フサ習慣」は黒酢エキスや黒にんにく、牡蠣、亜鉛酵母、鉄分などを含有したヘアケアサプリメント。18年4月9日から10月23日までの間、自社サイトのLP(ランディングページ)上で、「白髪染めはしたくない!」「ロマンスグレーはまだ早い!」「艶のある漆黒に憧れる世代の方に!!」「さあ!”黒活”をスタートしましょう!」などと表示していた。また、「久々にロングヘアに出来ました」「急に増えて来たのであわてました。」などとする体験談もLPに記載していた。

1 2

関連記事