EC・通販、ネットショップを支援するメディア

通販通信ECMOニュース・記事コラムマーケティング分析とは?重要性や分析手法について分かりやすく解説

2022.10.16 コラム

マーケティング分析とは?重要性や分析手法について分かりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 マーケティング分析とは、自社で収集したデータを基に状況を分析することです。マーケティング分析を行うことで改善すべき点が明確になり、次の施策へとつなげることができます。本記事では、マーケティング分析の重要性や代表的な手法について解説していきます。(2022年3月初出/2022年10月改稿)
課題解決・思考整理に使える!マーケティングの主要フレームワーク18選
情報整理、分析、戦略立案などで活用できる思考の枠組みである「フレームワーク」。マーケティング課題を解決するフレームワークの中から代表的な18種類をピックアップし、解説します。 <目次> マーケティングのさまざまなシーンで活用できるフレームワークを身につければ、効率的に考えることができ、チーム内でのコミュニケーションも促進されます。いくつかのフレームワークを組み合わせることでさらに効果的なマーケテ....

マーケティング分析の重要性とは

 まずはマーケティング分析の重要性について理解しておきましょう。近年、インターネット上で広告を配信したり、SNSなどの媒体を活用した施策を行ったりといったマーケティング施策は、多くの企業で当たり前に行われています。ターゲットとなるユーザーにとっても、Web上を中心とした広告を目にすることは珍しいことではなくなっていると言えます。

 またWeb媒体を活用した情報収集の手段が多様化したことにより、ただ広告費をかけるだけでは以前と比較して成果が出にくくなっている現状が考えられます。そのため、さまざまな媒体から取得したデータを基に自社の現状を把握し、今後どのように自社製品やサービスを売っていくべきかを分析する重要性は年々高まっています。

 マーケティング分析では、自社データだけではなく、競合他社や顧客ニーズなどの市場分析や自社が市場でどのような立ち位置であるかを客観的に分析することも重要となります。

 そこで必要になるのがマーケティング分析に役立つフレームワーク手法の活用です。フレームワークを活用することで、効率的に分析を行うことができます。次に代表的な7つのフレームワークについて解説していきます。

マーケティング分析のフレームワーク活用

 マーケティング分析にはフレームワークの活用が有効です。フレームワークとは、分析をはじめ意思決定や戦略立案の際に思考を整理するために活用される手法です。

 マーケティング分析には以下で紹介する7つのフレームワークがおすすめです。

◇3C分析

 3C分析とは、顧客や市場(Consumer)と競合(Competitor)、自社(Company)という3つの観点から、自社の状況や市場の成長性について分析するフレームワークです。

 市場について分析することで顧客のニーズや自社の市場の中での立ち位置を把握することができます。3C分析を行うことで、今後の戦略を効率的に考えることが可能です。また、自社の強みや弱み、課題などを明確にすることもできます。

◇PEST分析

 PEST分析は、Politics(政治)、Economy(経済)、Society(社会)、Technology(技術)の4つの領域の頭文字をとった分析手法です。前述の3C分析よりも広い視点で外部環境について分析します。

 自社を取り巻く外部環境を把握しておくことで、未来のリスクを回避するための施策を打つことができます。PEST分析を行うためには、日頃から政治や経済、社会情勢などの情報収集が大切になりますので、複数の従業員で調査する領域を分けてもよいでしょう。

◇5フォース分析

 5フォース分析は、「新規参入業者」「競合他社」「売り手」「買い手」「代替品」の5つの分類について考える分析手法です。自社を取り巻く環境を整理することで、自社の事業への影響や今後の戦略を考えることができます。

 競合他社については、市場におけるポジションや強みなどを客観的に分析することで、自社がおかれている状況を整理することができます。

◇SWOT分析

 SWOT分析は、強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)といった4つの観点から、外部環境の脅威や機械、内部環境である自社の強みや弱みをどのように活用していくべきか分析していく手法です。

 例えば、自社の強みを外部からの脅威の対抗に活かしたり、自社の弱みを改善してビジネスチャンスをつかむために活かしたり、といった戦略を考えていきます。

 強みばかりに目が行きがちですが、自社の弱みを明確にすることで中長期的な利益につなげていくことができます。
▽参考記事:SWOT分析(スウォット分析)と「クロスSWOT分析」とは?企業戦略を導き出すための分析方法を知ろう
SWOT分析(スウォット分析)は、3C分析やPEST分析のようなフレームワークの一種です。SWOT分析という言葉は聞いたことがあっても、上手く活用できていないという企業も多いのではないでしょうか。本記事ではSWOT分析の目的は効果的なやり方について解....

◇STP分析

 STP分析とは、セグメンテーション(Segmentation)、ターゲティング(Targeting)、ポジショニング(Positioning)の頭文字をとった分析手法です。市場を細かく分析することで、ターゲットの選定やプロモーションの打ち出し方を考えていくことができます。

 自社の商品やサービスの売上を上げるためには、ターゲットとなる顧客層や重要視するポイントにおいて競合他社よりも優位に立つ必要があります。そのため、どのような戦略で競合他社に挑んでいくかといった戦略を立てる分析手法であるといえます。
▽参考記事:STP分析とは?分析方法や注意点を解説し事例を紹介
マーケティングの専門家であるフィリップ・コトラーが提唱したSTP分析について、セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニングという観点から自社の競争力を高めます。そのメリットと実践法を紹....

◇バリューチェーン分析

 バリューチェーン分析とは、原材料の調達から商品がユーザーに届くまでに発生する過程の中で、どの部分に価値があるのかを分析する手法です。「全般管理」「人事管理」「技術管理」「調達管理」といった支援活動と、「購買物流」「製造」「出荷物流」「マーケティング」「サービス」といった主活動の2つに軸に分けて考えることができます。

 各過程の中のどの部分で価値が発生していて、反対にどの部分に余計なコストが発生しているのかを明確にすることで、コスト削減や自社の弱みについて分析することができます。

◇4P分析

 4P分析とは、製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、プロモーション(Promotion)といった4つの観点から戦略を立てていくための手法です。

 上記の4つの領域を組み合わせてマーケティングを行うことを「マーケティングミックス」といいます。マーケティング戦略では「顧客ニーズや行動とマーケティングミックスの適合性」と「マーケティングミックスにおける4領域の適合性」が重要となります。

 それぞれを適切に組み合わせることで、成果につながるマーケティング戦略を立てることが可能です。

マーケティング分析を行うメリット

 次に、マーケティング分析を行うメリットについて解説します。

◎自社の現状を把握できる

 マーケティング分析を行うことで、自社の現状を明確にすることができます。ビジネスにおいて自社の現状を把握することで、施策や企業の方向性に良い影響を与えることができます。

 ポイントとなるのが、自社の状況を客観的に分析することです。客観的なデータを基にすることで、社内で気付くことのできなかった本当の顧客ニーズや自社の改善点などを発見することができるでしょう。

◎新しいアイデアを発見できる

 マーケティング分析を行うことで、自社の強みや課題を洗い出すことができ、新しいサービスや商品のアイデアにつなげられる可能性があります。社内から考える自社の状況だけでは発見できなかったポイントに気付くこともできるでしょう。

 新しいアイデアをマーケティング戦略に活かすことで、企業の利益向上につながるチャンスを広げることができます。

◎施策のPDCAを回しやすくなる

 マーケティング分析を行うメリットとして、施策のPDCAを効率よく回すことができます。改善に至らなかった場合、次にどのような施策を行うべきかといった点を具体的に考えることができるでしょう。

 事業を成長させていくためにはPDCA設計が重要ですが、マーケティング分析において客観的なデータを取り入れることで、施策の精度を高めていくことが期待できます。

マーケティング分析で必要となる用語

 最後にマーケティング分析を考える際によく使用する用語について解説します。

▽AIDMA

 AIDMA(アイドマ)は、Attention(注意)、Interest(関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(購入)の頭文字です。ユーザーが商品を購入する流れを表しており、タイミングによってアプローチを変えたり、どの部分を改善することで購入につながりやすいかを考えていきます。

▽AISAS

 AISAS(アイサス)とは、Attention(注意)、Interest(関心)、Search(検索)、Action(購入)、Share(共有)の頭文字です。AIDMAと意味が似ていますが、Web上での購買行動が主流となった現代におけるユーザー行動をとらえた考え方となります。

▽セグメント(ターゲット)

 セグメントとは、ターゲットに該当する特定のカテゴリをまとめたものです。あらかじめ決められたカテゴリの中から、自社に最適なターゲットを選定することで成果につなげることができます。

▽ペルソナ

 ペルソナとは、架空のユーザー像のことです。ターゲットと似ていますが、ペルソナはより具体的な1人のユーザーをイメージするために、年齢や性別だけではなく生活スタイルや家族構成、趣味などを細かく設定します。
▽参考記事:「ペルソナ」とは?マーケティングにおける意味や重要性、設定方法を解説!
ペルソナとはサービスや商品を利用するユーザー像を定義することを指すマーケティング用語です。ターゲットと似ているため混同されがちですが、ペルソナの方がよりリアルにユーザー像をイメージします。ペルソナを作成するメリットや重要性を理....

マーケティング分析の重要性を理解する

 マーケティング分析は、自社の利益を最大化するための戦略を立案するために重要な手法です。マーケティング分析と相性の良いフレームワークを活用しながら、自社や市場について分析を進めていきましょう。

 客観的なデータを活用することで、第三者目線から自社を分析することができ、今まで見えていなかった弱点や改善点を見出すこともできます。マーケティング分析は継続的に施策に活かすことで成果につながりますので、ぜひご活用ください。

マーケティング戦略に関連する資料

 当サイト「通販通信ECMO」では、マーケティング戦略に関する資料を多数掲載しています。ぜひご確認ください。
課題解決・思考整理に使える!マーケティングの主要フレームワーク18選
情報整理、分析、戦略立案などで活用できる思考の枠組みである「フレームワーク」。マーケティング課題を解決するフレームワークの中から代表的な18種類をピックアップし、解説します。 <目次> マーケティングのさまざまなシーンで活用できるフレームワークを身につければ、効率的に考えることができ、チーム内でのコミュニケーションも促進されます。いくつかのフレームワークを組み合わせることでさらに効果的なマーケテ....
消費者の行動原理を紐解くマーケティングで使える行動経済学
人は時として不合理と思える行動を取ります。それは、ときに購買行動にも影響を与えます。行動経済学は、不合理に見える人間の行動に共通する原理原則を紐解いたものです。本資料では、マーケティング活動に活かせる行動経済学について解説します。 <目次> マーケティング活動では、消費者や顧客に「行動変容」を起こすことが重要です。行動変容とは、人の意識に働きかけて行動や習慣を変えることです。人を動かす行動経済学....

マーケティング戦略に関連する記事


 まずは情報収集から始めたいという方向けにマーケティング戦略に関する記事をまとめています。以下のリンクからご確認ください。
「マーケティング」関連の記事一覧

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。