EC・通販、ネットショップを支援するメディア

通販通信ECMOニュース・記事コラムナーチャリング=見込み顧客(リード)育成…その目的と方法とは?

2021.07.18 コラム

ナーチャリング=見込み顧客(リード)育成…その目的と方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「ナーチャリング」とはBtoBの営業の場における、「見込み顧客(リード))」育成を意味する言葉です。見込み顧客から成約に近い個別交渉が可能な状態へ引き上げるまでの行為をさします。その目的やプロセスなどについて説明します。



ナーチャリングとは何か?


 BtoB営業におけるナーチャリングとは「顧客育成」の意味で使用されます。具体的には、自社の見込み顧客をサービス利用や購入などのCVポイントまで育成する、または既存顧客をリピーターになるまで育成することを指します。

 なぜナーチャリングが必要かというと、営業活動における複数の課題解決につなげられる可能性を持っているからです。特に「購入機会の増加」と「機会損失の低減」において、大きな意義があります。「購入機会の増加」に関しては、すでに何らかの経路から獲得した見込み顧客(リード)を保有している場合、それらの見込み顧客に対して、サービス利用や商品購入の機会を創出することで売り上げにつなげることが期待できます。見込み顧客の多くは自分から商品購入などのアクションを起こしづらい可能性があります。そのため、サービス提供を行う側から、商品購入などを促すためのアクションを起こす必要があるのです。

 「機会損失の低減」においては、見込み顧客や既存顧客が自社のサービスや商品のジャンルに関心を持っている場合に、他社製品ではなく自社製品に関心を向けてくれるようアプローチをしておくことで、売り上げにつながる機会損失を最小限に抑えることが期待できます。そのため、定期的に見込み顧客に対するアプローチを行っていく必要があります。

 これらのナーチャリングを行っていくためには、事前に見込み顧客のリード(メールアドレス等)を保有していることが前提となります。保有しているデータを活用することで効率の良いナーチャリングが可能ですので、リードを保有していない企業は、リード収集の方法を先に考えておく必要があるでしょう。

★関連語「インサイドセールス」


 インサイドセールスとは、ナーチャリングを実行する部署や事業の大分類となります。意味が似ているため混同しやすいですが、ナーチャリングやインサイドセールスが取り組むマーケティング手法の一つ、と捉えておくとよいでしょう。

★関連語「リード獲得」


 リード獲得は、見込み顧客のメールアドレスや電話番号などの情報を集めることを指します。主に資料ダウンロードやメルマガ登録などのCVポイントを設置し、収集していくことが多いです。このリード獲得をナーチャリングと同じ意味と捉えてしまう人もいますが、ナーチャリングは獲得したリードを活用する手法ですので、リード獲得はナーチャリングに事前段階と覚えておくとよいです。

ナーチャリングのプロセス


 ナーチャリングを行うプロセスですが、まずはリード獲得を行っていく必要があります。例えば、メールアドレスを入力するだけでメルマガ登録や資料ダウンロードが完了する等のサービスを展開していくことです。

 そこで獲得したリードに対して、電話やメール、FAXなどの手段を用いて、サービスについて個別交渉を行える状態まで顧客を育成していきます。そのアプローチ方法は企業によってさまざまですが、例としてはステップメールの配信やセミナー情報の案内、ホワイトペーパーの作成などがあげられます。

 アプローチをかけて終わりではなく、ステップメールの開封率や送信した情報に対するユーザーの反応などのデータを分析・可視化し、次の施策につなげていく必要があります。このフローを繰り返し行うことで、見込み顧客の育成を行うことができ、中長期的に売り上げを伸ばしていくことにつながっていきます。

 ナーチャリングの目的は見込み顧客の育成ですが、その間にユーザーニーズの掘り起こしやサービスの認知拡大などが含まれているということも忘れないようにしましょう。

鉄板施策~ナーチャリングのやり方


 次にナーチャリングのやり方について、定石となる手法を解説していきます。企業やサービスによって方法はさまざまですが、あくまで基本的なフローとして参考にしてください。

(1)フレッシュなリードに対しメール送信


 獲得した見込み顧客のリードに対してメールを送信しましょう。ただの宣伝メールでは開封率が下がりますし、メールを開いてもらえても見込み顧客の興味を引くことはできません。ステップメールのような購買意欲を徐々に高めていけるような構成のメールを何度かに分けて送ったり、事例やデータなどを添えたメールを送ったりするなど、ユーザーに興味を持ってもらえるような内容でアプローチすることが大切です。

 また上記のような手法でも、どのメールの反応が良かったかなど、結果と要因を常に分析し続けることも、効率化につながります。

(2)メール後に架電


 メールを送信した後は、見込み顧客と直接話せるよう電話でアプローチをします。事前にメールを読んでいた場合、興味を持ってくれている可能性があるため、できるだけ、メールを送ってから2~3日以内には電話アプローチをするとよいでしょう。また1回の架電では不在なども考えられます。連絡が取れるまで追いかけるのが理想ではありますが、少なくとも3回程度は架電アプローチを試みましょう。

(3)アポに繋がらない場合でも追客を行う


 架電の結果、アポなどに繋がらなかった場合は一定の期間をおき、再度新サービスやキャンペーンなどの新しい情報を発信するようにしましょう。タイミングによっては見込み顧客の購買意欲が高まっていることもありますので、(2)~(3)のフローは繰り返し実行していくことが大切となります。

ナーチャリングするためにリードが必要!


 ナーチャリングの実践には、見込み顧客のリードが必要不可欠です。当サイト「通販通信ECMO」は、ホワイトペーパーやサービス説明資料、会社概要などの資料ダウンロードを通じたBtoBのリード獲得支援サイトです。ECサイトや通販企業をターゲットとする企業であれば、当サイトを活用して損はありません。

【ECMO活用のメリット】
・無料利用可能
・有償版も1ヶ月単位で利用可能で完全成果報酬型(固定費なし)
・アカウント保持していれば、タイトル付けやキャッチ画像付け、WP自体の構成やテーマアドバイスなど無料で実施
・有償利用企業には、WPマーケの成功ノウハウなど無料で提供
・2011年以降の過去のトレンド、データを振り返るなど、EC・通販業界のデータベースとして利用可能

 その他毎日6~11本のニュースコンテンツを更新しているため、業界の最新ニュースをいち早くキャッチすることも可能です。

 質の良いリードを保有しておくことでナーチャリングも含めた、さまざまなマーケティング施策に活用することができます。リード獲得支援を検討している方は、ぜひご活用ください。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。