ヤマダ電機、クレカ情報3万7000件超流出か…システム改ざんで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ヤマダ電機は29日、同社が運営する「ヤマダウエブコム」「ヤマダモール」で、第三者による不正なアクセスを受けてペイメントアプリケーション改ざんされ、クレジットカードの情報が最大3万7832件流出した可能性があることを発表した。

 

 

カード番号・セキュリティコードなどが流出

 個人情報流出の可能性があるのは、19年3月18日~4月26日の期間中に「ヤマダウエブコム」「ヤマダモール」で新規クレジットカード登録およびクレジットカード登録の変更をしたユーザー。流出した可能性のある情報は、クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコード。

 

 同社では、19年4月16日に不正アクセスによる情報流出の可能性が判明。調査を経て同26日に「ヤマダウエブコム」「ヤマダモール」での新規クレジットカード登録、およびクレジットカード登録の変更を停止。第三者調査機関P.C.F.FRONTEO(株)による調査を開始した。

1 2

関連記事