2019.4.25

生鮮食品ECのクックパッドマート、卸売市場と農産物直売所も参画

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クックパッド(株)は24日、生鮮食品EC「クックパッドマート」で、卸売市場や直売所と連携して、農産物や鮮魚などの直販を開始すると発表した。

 

 

 今回「農産物直売所・調布のやさい畑」と「川崎市地方卸売市場南部市場」(川崎幸市場)が新たに参加。生産者や生産者に近い販売店が参画することでサービスの価値向上を図る。「調布のやさい畑」は16日より販売を開始。「川崎幸市場」は、5月上旬に販売開する予定。今後、参画を希望する販売店や生産者、地域の直売所や卸売市場などとも順次連携を行う。

 

直売所や卸売市場の食材もアプリ注文が可能に

 クックパッドマートでは、あらゆる食材を最短注文当日に配送している。さらにさまざまな取り組みにより、これまで「直接買いに行く」か、「取り寄せする」しか購入方法がなかった食材を、地域の生産者や街の販売店から1品~送料無料で購入することが実現した。サービス開始当初は肉・魚・野菜だけだった取扱食品も、食パン・果物・チーズ・豆腐など、続々と増えている。

 

 同社では精肉店の肉、ベーカリーの食パン、豆腐店の豆腐、新鮮な野菜など、おいしい食材を何店舗も買い回りすることなく、アプリからすべて購入することができるサービスの提供を、引き続き目指していきたいとしている。

 

 4月22日現在の主な出店カテゴリと出店者は次の通り。

1 2

関連記事