2018.9.12

クックパッドマート、カクヤスやツルハの実店舗で商品受取可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クックパッド(株)は11日、同社が運営する生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」に(株)カクヤスら6社が参画し、各社の運営店舗を商品の受け取り場所として利用することが可能になったことを発表した。

 

 

ドラッグストア スマイル、カラオケの鉄人でも受け取り可能

 クックパッドマートは、精肉店や鮮魚店、ベーカリーなど街の販売店や地域の生産者の「こだわり食材」をアプリから購入できる生鮮食品ネットスーパー。1品から送料無料で利用でき、好きな受け取り場所で好きな時間に受け取れるといった特長がある。

 

 今回参画が決まった企業と運営店舗名(カッコ内)は次の通り。

 

・(株)カクヤス(なんでも酒やカクヤス)
・富士薬品グループ(株)スマイルドラッグ(ドラッグストア スマイル)
・(株)ツルハ(ツルハドラッグ)
・(株)鉄人化計画(カラオケの鉄人)
・(株)フェリシダージ(Y2T STAND)

 

カクヤスは商品受け取り来店時にお酒の提案も想定

 都内23区を中心に主要都市で酒類の配達を行っているカクヤスでは、クックパッドマートで購入した食材を受け取りに来店した顧客に対し、メニューに合った酒を提案することを想定している。またツルハでは、「クックパッドマート」の受け取り場所となることで、地域の顧客に新たな価値を提供するとともに、来店により医薬品・日用品・化粧品などの購入につなげる考え。

 

 同社では9月中のサービス開始を目指し、引き続き対象エリアとなる東京都渋谷区・世田谷区・目黒区の一部の店舗・企業の参画を募集。(1)電源を確保できる室内で、十分なスペースを用意できること(幅1100mm×奥行500㎜、0.5m2程度~)、(2)ユーザーが自分で商品を受け取れる場所に設置すること(※店舗スタッフが受取代理を行える場合のみバックヤード設置も可)などを条件としている。

 

■クックパッドマート

 

■クックパッドマート 空きスペース募集

関連記事