2019.1.10

助ネコに「カスタム検索パネル」オプション、自動検索の複数追加も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)アクアリーフは8日、同社が提供するネットショップ向け一元管理システム「助ネコ受注管理」の新機能として、「カスタム検索パネル」に自動検索パターンを複数追加できる有料オプションの提供を開始した。

 

 

ビジネス上の変化に即時対応

 同機能は、注文データの検索条件を複数パターン保存できるもので、その条件の注文データ件数が画面上表示され、一目で分かるようになる。検索条件は自由に設定・変更・追加することが可能で、条件数も無制限となっている。このため高額なカスタマイズ費用の負担が不要なだけでなく、ビジネス上の変化にも即座に対応できるといったメリットがある。

 

 

 

工数削減・検索漏れにも対応

 たとえば、「翌日配送指定」(楽天の『あす楽』、Yahoo!ショッピングの『あすつく』、Amazonの『お急ぎ便』など)の注文を毎日検索している、2種類以上の商品を購入している場合は処理が異なるため注文データを他と分けている、といった店舗の運営上の条件を保存することで、毎回同じ条件で検索する手間が省け、特別な条件で処理すべき注文のオペレーションが一目で分かるようになる。これにより工数削減や検索漏れなどのミスの予防などにも役立つ。

 

 追加可能な対象は「助ネコ受注管理Basic」「助ネコ受注管理Pro2」「助ネコ受注管理Premium」。なお、「助ネコ受注管理Basic」以上のプランには検索条件を10件まで登録が可能な標準搭載されており、10件以上登録する場合にオプション料金が発生する。オプション料金は5件増えるごとに月額1000円(税抜)が必要となる。

 

 

▽関連記事

・助ネコ、楽天ペイへの対応完了…仕様変更のRMS管理を簡素化

 

・EC一元管理システム「助ネコ」の利用企業が急増するワケ

関連記事