2018.11.26

アルフレッサと三菱倉庫、医薬品・再生医療物流の研究会を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アルフレッサ(株)と三菱倉庫(株)は21日、物流インフラの共同化・効率化や再生医療等製品の物流など、次世代の流通について検討するための研究会を共同で立ち上げた。

 

 

医薬品を届ける新たな物流の仕組みを創出

 同研究会では、メーカーから医療機関・患者に製品を届けるまでの新たな流通の仕組みを創ることを目的に、次世代の「医薬品物流」と「再生医療等物流」をメインテーマとした研究を推進。メーカー物流などの物流インフラの共同化・効率化、海外との物流、「PIC/S GDP」(=医薬品の流通過程における温度管理・衛生管理・各種手順書の作成などに関する国際基準)への対応などを検討し、協業ソリューションの構築を目指す。また、労働力不足問題やIoT・AIなどの先端技術の適用や、医薬品の流通・物流分野における環境変化についても両社で意見を重ね、新たな対応策を構築する。

1 2

関連記事