2018.6.27

1秒の効率化で大きく業務改善!…売れる商品画像講座(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「通販通信」読者のみなさん、こんにちは。商品画像作成ツール「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を提供するグラムス(株)の三浦です!

 

 商品画像について考える全12回の当コラム。前回は「売れる商品画像」とは?についてお話ししました。

 

▽連載一覧

第一回:「売れる商品画像」は思い込み?

第三回:ECが構築すべき商品撮影環境とは?

第四回:超効率的な画像処理を実現するには?

 

 今回は、「売れる商品画像」を作成する為の効率的な業務フローの重要性について考えてみたいと思います。

 

その前に・・・

 

 本稿執筆中の2018年6月18日朝、当社のオフィスがある大阪では震度6弱の地震が発生しました。交通機関は麻痺し、多くの被害が出ました。

 

 3.11の時もそうでしたが、今回も各メンバーが直ぐに自宅勤務に切り替えて、受注処理、顧客対応、商品登録、商品画像編集、システム開発など通常業務のほとんどを問題なく行う事ができたのは、まさに普段から業務の効率化・自動化・半自動化に徹底的に取り組んでいるからこそでした。

 

 地震など自然災害の多い日本に住む我々にとって、こうした取り組みは今後ますます重要な事ではないでしょうか?

 

なぜ商品画像の作成業務から効率化すべきなのか?

・画像編集は時間がかかり手間の嵐!

 さて、前回のおさらいとなりますが、「売れる商品画像 = シンプルな白背景画像」という事でした。ただ、そのための商品画像の編集作業は非常に面倒です。時間もかかり、スキルの求められる作業であり、商品登録業務の中において最もコストの発生する作業の一つです。

 

 写真1枚に対して、ざっと並べるだけでも以下のような細かい作業が必要です。


・被写体背景の切り抜き、白抜き
・それぞれのECサイトの規定に合わせた写真のリサイズ
・リサイズされた画像、決まった余白値に合わせ、被写体の大きさや向きを修正
・色彩補正、明暗補正

 

 さらに画像ファイルのリネーム作業や、ショップによってはロゴの貼り付けなどもありますね。文字にしても面倒さが伝わるかと思います。実際に作業すると、それぞれの作業にかなりの時間を要します。

 

・現場総出で画像編集に数日費やすことも

 ブランド商材を中心にファッション・文具・その他小物を販売していた弊社のショップでは、現場は以下のような状態でした。

 

・昼間:入荷した商品の撮影(大体1日150型、1商品5〜10枚撮影)
・夜間:社員総出で1枚1枚難しい画像編集ソフトと格闘しながら加工作業
・数日後:やっと作業完了。商品登録を行う。

 

 [1]の商品撮影については勿論外注も考えましたが、「前準備や撮影指示などのコミュニケーションにコストがかかる」「商品撮影から商品登録するスピーディーな流れが組めない」「外注で得られる成果物に対しコストが見合わない」といった理由から、自前で業務フローを構築して取り組みました。

 

 特に型番商材やリユース(中古)商材などは完璧な写真よりも商品説明として十分なクオリティーの写真を誰でも素早く撮影できる業務フローが非常に重要となります。(商品撮影についてはは次回以降詳しくお伝えします!)

 

 

 しかし、最も辛いのはその後です。

 

・画像編集やめたら売上が42%減に

 写真の加工作業は撮影以上に時間がかかります。アルバイトも募集しましたが、画像編集ソフトが使えることが条件になると当然時給は跳ね上がりますし、そういう人材はそもそも何千枚もの商品画像のキリヌキ作業といった単純作業をするために技術を習得した訳ではありませんから、なかなか条件があいません。

 

 結局、経験の無い社員にも作業を教えて文字どおり社員総出で作業し、私は皆が帰った後も深夜に寝落ちするまで残りの作業をするといったことが常態化していました。

(ちなみに、友人のネットショップではこの商品画像加工の作業担当者が続けて2人辞めたそうです。1人目は鬱病になり退職。2人目は3日目からフェードアウトとの事。。。)

 

 私達もこの終わりの見えない地獄の様な日々が商品入荷の度に続き、いい加減に心が折れて遂には画像の加工を止めた時期がありました。

 

 すると、案の定2カ月後には見事に自社サイト、各モール総じてアクセス数が約35%減少、売上が42%減少しました。それだけでは済まず、商品画像の背景色が「RGB255.255.255(いわゆる″ピュアホワイト″)」が規定となっているAmazonでは、規定違反として商品自体が取り下げられ、そもそも販売自体ができなくなってしまいました。
 さらにさらに商品の登録後、実際に売れるまでの消化速度が約1.5倍鈍化。在庫がセール期間まで幅を利かせるようになり、どんどん利益率を圧迫していきました。

 

 特に、白背景商品画像が当たり前の海外売上の落ち込みはさらに酷いもので、国内市場がシュリンクし続けるなか、越境ECに活路を見出そうとしていた我々には大ダメージでした。

 

 もうおわかりですよね?ネットショップにとって「画像加工しない」は有り得ないのです。

 

 

1 2 3 4

関連記事