2018.5.31

「売れる商品画像」は思い込み?…売れる商品画像講座(1)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「通販通信」読者のみなさん、はじめまして。商品画像作成ツール「ZenFotomatic(ゼンフォトマティック)」を提供するグラムス(株)代表の三浦と申します!

 

 今月から毎月1回、「売れる商品画像」についての連載を全12回で掲載していきます。商品画像の作成ツールとして世界100カ国以上に利用される「ZenFotomatic」の運営チームが、世界中のネットショップの商品画像と接してきたノウハウを元に、ネットショップで売れるための商品画像について、その考え方や作成方法、業務フロー設計まで実例を交えながらお届けします!

 

▽連載一覧

第二回:1秒の効率化で大きく業務改善!

第三回:ECが構築すべき商品撮影環境とは?

第四回:超効率的な画像処理を実現するには?

第五回:商品撮影はスマホでOK!?その理由とは…

 

ネットショップで売れるための商品画像を解説

 当連載では、読者の皆さんが売れる商品画像の作成方法を習得し、低コスト・効率的業務フローで行えるようになる事を目的としています。どうぞ最後までお付き合いください!

 

 

 さて、ネットショップにとって商品画像が売上に大きく影響するという事は、皆さんご存知だと思います。「売れる商品画像」と検索すると様々な記事やブログがヒットしますね。

 

 ただ、ネットショップ運営者ではないカメラマンが「良い写真とは何か?」について意見していたり、一昔前の情報だったり、主観の域を出なかったり・・・といった内容がしばしば見受けられ「商品を売る」という目的に沿ったネットショップ目線の画像情報はめったにありません。第1回目となる今回は、そもそもどんな商品画像だと売れるのか、この部分に迫りたいと思います!

 

売れる画像=お客様にとって見やすい画像

 ネットでのお買い物が一般的となった今、商品画像は商品を説明するためだけのものではありません。画像はクリックして商品ページに入っていただくための入り口でもあります。

 

 その入り口が「分かり辛い」「見辛い」と、そもそもお客様は商品ページに入ってすらきません。

 

 売れる商品画像とはなにか?それはズバリ、それがどんな商品なのかがわかりやすい商品画像です。

 

 「他社より目立つ」「独自のレイアウトで差別化する」「キャンペーンの文字を入れる」「送料無料スタンプをつける」--従来はこうしたテクニックが重要視されていました。

 

 ファッション分野ではモデルが着用し、雰囲気の良いロケ地で撮影されたオシャレな画像を重視する向きもあります。ただ、これは商品画像というよりもイメージ画像ですね。

 

 ネットショップを取り巻く状況は変わっています。ほとんどのネットショップでは、近年は画面の小さなスマートフォンからのアクセスが主流となってきました。

 

引用元:MMD研究所 [2017年版:スマートフォン利用者実態調査] より

 


 イメージ画像や、キャンペーンなどの文字情報を多く含んだ商品画像をスマホの小さな画面で見ると見辛いですよね?

 商品以外の物や風景、あるいは文字など余計な情報が多々写り込んでゴチャゴチャして見えるのです。それがサムネイルになると、画像が小さすぎてお客様に肝心な商品のイメージが伝わりません。
 

 スワイプで高速にスクロールされると普通の動体視力では認識すらできないのです。

 

 目に止まらない > クリックされない > 商品ページに入らない > 当然売れない、負のループです。

 

左が商品画像、右はイメージ画像。それぞれをスマートフォン画面でサムネイル表示すると、イメージ画像は何の商品だかわからない。その上スワイプで高速にスクロールされるのでクリックされるチャンスは非常に少ない。

 

 イメージ画像は、お客様に商品の魅力やブランドのアイデンティティーなどをビジュアルで表現するための画像です。つまり、接客用の画像ということ。お客様が商品ページにいなければ接客はできませんよね?
 まずはシンプルで視認性の高い商品画像でクリックしてもらい、商品ページ内で接客するときにサブ画像としてイメージ画像を使用するのがベストです。

 

実はモールのガイドラインに沿った商品画像が「売れる画像」

 ネットショップを立ち上げる時、避けて通れないのが集客力・販売力を持ったネットショッピングモールへの出店です。

 

 モールで売上を上げるためには、モールのガイドラインを守ることが重要なのは言うまでありませんが、今回注目したいのは、商品画像のガイドラインです。このモールがガイドラインとして出している要件、実は「売れる商品画像」の要件を満たしており、ある共通点があるのです。それはなにか?

 

各ECモールのガイドラインを検証

 答えは、「白背景のシンプルな画像」です。では、各ECモールのガイドラインをそれぞれ見ていきましょう!

 

amazon

amazonでは明確に以下のような規約があります。

・商品を正確に表示し、かつ販売商品のみを表示する事
・メイン画像の背景は純粋な白を使用する事。純粋な白=RGB255,255,255
・メイン画像に、商品に同梱されないアクセサリー類、購入者に誤解を与えるようなコーディネート品、商品の一部ではない文字、ロゴ、透かし、挿入画像を使用しない事
(※2018年5月時点。上記は要約しており、規約の項目は上記以外にも多数あります。)


eBay

 越境ECの最も有力なプラットフォームの1つであるeBayにおいても、出品画像ポリシーを定めています。
 こちらでも、文字やスタンプはNG、シンプルな背景が推奨されていますね。
さらに、公式出品ガイドでは「売れる商品画像の撮り方」というタイトルのコンテンツでシンプルな商品画像を推奨しています。

 

楽天市場

 これまでシンプルとは対極な商品画像の文化を作り上げてきたと言っても過言では無い楽天市場までもが、シンプルな白背景の商品写真にジリジリと距離を詰めて来ました。
 2018年からは新たなガイドラインとして商品画像内で文字やロゴなどが占める割合を20%以下にする事や、複雑な模様の背景柄を推奨しないという事が正式発表されました。
これはユーザーテスト結果で出たお客様の「わかり辛い」と言った声を反映しての事だそうです。

 

アリババ

 中国のECサイトはどうでしょう。
白状すると、筆者の記憶では、垢抜けないデザインと雑な商品画像が並んでいるイメージでした、、ゴメンなさい… 実際は筆者が浦島太郎なだけでした。
 最大手、アリババもamazonやeBayと同様シンプルで装飾の無い画像が製品画像の掲載ルールとして明記されています。

 

Googleショッピング

 モールではありませんが、昨今Googleショッピングに画像掲載されるショップも増えてきました。広告効果としてやはりGoogleは強力なので無視できませんね。
実はこちらにも厳格なガイドラインがあります。

 

 ショッピングモールは出店者に売上を上げてもらう事で成り立っています。
その彼らが、売れもしないのに工数がかかる商品画像の白抜きや切り抜きの作業を敢えてガイドラインとして課すとは、考え辛いですよね。「白背景のシンプルな画像」こそ
売れる商品画像」だということがお分かりになったかと思います。

 

 実際に商品画像をABテストで検証してみました。

 

 

1 2

関連記事