EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.12.28 通販会社

ニトリ3Q、通販売上28%増・店舗受取りは65%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ニトリホールディングスが27日発表した2019年2月期第3四半期(2月21日~11月20日)は、売上高が前年同期比6.1%増の4485億3600万円、営業利益が同10.8%増の780億3300万円、純利益が同1.5%増の520億2300万円となった。

 

 

ネット注文の店舗受取りが65%増

 第3四半期は、9月上旬から約2カ月半にわたり実施した「オーダーカーテンキャンペーン」により、ウィンドウカバリングの売上が好調に。さらに9月中旬から約1カ月間実施した「ニトリFun!ウィーク」で、ソファ、ベッドルーム家具の売上が増加した。他に、オムニチャネル化の推進などによりニトリネットでの販売が好調に推移。一方、販売費及び一般管理費では、物流業界での労働需給の逼迫や賃金上昇などの影響から発送配達費が上昇した。

!nextpage!

 通販事業では、純売上高が前年同期比で28.2%増加。ネット注文店舗受取の件数は同65%増となった。国内の出店状況は、ニトリ13店舗、デコホーム13店舗、ニトリEXPRESS3店舗を出店し、デコホーム1店舗を閉店した結果、合わせて495店舗となった。海外の出店状況は、台湾3店舗、米国1店舗、中国9店舗を出店し、米国1店舗を閉店した結果、合わせて68店舗となった。

 

 

寝具・寝装品が売上を牽引

 家具・インテリア用品の売上高は、前年同期比6.1%増の4380億2900万円を計上。吸湿発熱素材を使用した「Nウォーム」シリーズの敷きパッドや、ズレ防止ひもを無くした「Nグリップ」シリーズの掛カバーなどの寝具・寝装品が売上を牽引した。また、ウィンドウカバリング、キッチン用品、家電・照明器具用品も好調に推移している。

 

 物流面では、中国に同社最大規模となる「太倉DC」を10月から稼働。これによりグローバルな商品供給拠点の増強や物流の効率化が図れるようになった。また国内では、東日本全域の店舗への商品供給に向けた「五霞DC」を茨城県に、東北・北陸への商品供給に向けた「仙台DC」を宮城県に開設した。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。