EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.08.14 通販会社

大塚家具中期決算は20億円の赤字に、Amazonでの販売は好調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)大塚家具が14日発表した2018年12月期第2四半期(1~6月)連結決算は、売上高が前年同期比11.9%減の188億2500万円、35億600万円の営業損失(前年同期は27億円の営業損失)、20億3700万円の純損失(同45憶6700万円の純損失)となった。同社では16年12月期から連続して営業損失を計上していることから、「事業継続への疑義が生じる状況」になっているとした。

 

資金調達で提携先を模索も

 財務基盤については、複数の金融機関と総額50憶円のコミットメントライン契約(融資枠の確保)を結んでいるが、融資には条項が付与されているケースもある。同社は必要な資金を調達すべく、資本増強や事業シナジーを生む提携先を探している。

!nextpage!

 こうした状況を改善するため、店舗規模の適正化、人員再配置などでコストを圧縮するほか、主力商品のリニューアルやECでの売上強化に努める。また、ブランドイメージを刷新するため、ブランディング構築や積極的なプロモーションを行う。

 

EC売上は68%増、EC販売を強化へ

 店舗販売では、新築まとめ買い需要の依存度が高い大型店舗でのマイナスが大きく、売場面積を縮小した際の商品の入れ替え対応が不十分だったことなどで成約率が低下し、売上が減少した。

 

 ECでは、5月からAmazon.co.jpでの外部販売をスタート。自社ECと外部販売を合わせたEC売上高は、前年同期比68.6%増となった。

 

 通期業績予想は、7日に下方修正し、売上高が376億3400万円、53億円の営業損失、48憶1600万円の純損失としている。

 

 

▽関連記事
・IDC大塚家具、Amazonで家具などを販売…新規顧客開拓へ

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。