2019.8.23

アスクル、「フェーズフリー」認証商品を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は21日、新しい防災の考え方「フェーズフリー」に賛同し、EC事業者では初めてフェーズフリーアクションパートナーとなったと発表した。ビジネスの現場と働く人のためのインフラとして、事業継続をサポートするために認証商品の取り扱いを開始する。持続可能な社会のためにできることとして、社会的課題の解決につながる商品やサービスの開発を通じ、危機・災害時に対しても取り組んでいくという。

 

日常時も非常時も役立つ「フェーズフリー商品」を拡充

 フェーズフリーとは、一般社団法人フェーズフリー協会が提唱する防災の考え方で、日常時(いつも)や非常時(もしも)などのフェーズ(社会の状態)に関わらず、適切な生活の質を確保しようとする概念。災害大国である日本での「防災にコストや手間をかけられない」という声に対して、身の周りにあるモノやサービスが、普段はもちろん、いざという時にも役立ち身を守ることができるという新たな考え方だ。

 

 アスクルが2018年に行った利用事業所への「防災備蓄に関するアンケート」では、備蓄をしていないと答えた企業は全体の約6割に上った。防災意識の高まりの一方、中小事業所を中心に、いつ起こるかわからない災害への備えに対するコスト面などの課題が顕在化。命を守るための備えに課題を抱える仕事場が多い現実が見え、同時に災害時の会社やそこで働く人々を守りたいというニーズが高いことも浮き彫りになっていた。

1 2

関連記事