2019.7.23

アスクル、ロハコ譲渡交渉の経緯を公表…ヤフーとの提携解消を切望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は22日、ヤフー(株)が18日に発表したプレスリリースの内容に反論し、ヤフー側から申入れした「LOHACO事業譲渡」の経緯を公表。同日、ヤフーに対して提携解消について再申し入れをしたとも発表した。

ヤフー「ロハコ譲渡の意向をうかがったに過ぎない」

 ヤフーはアスクルが記者会見を開催18日、会見後に会見内容に反論するリリースを公表していた。アスクルの岩田社長が会見で主張した「ヤフー側がLOHACO事業を乗っ取ろうとしている」ことについて、ヤフーのリリースでは、「当社は、アスクルとしてそもそも譲渡をする考えがあるかどうかの意向をうかがったに過ぎません」と説明した。

 

アスクル、ヤフーの説明は「虚偽」と主張

 この点についてアスクルは22日、新たに詳細な経緯を交えて説明。アスクル側の公表内容によると、2018年11月26日に行われたアスクルに派遣されているヤフーの取締役やアスクル経営陣との会議で、LOHACO事業の今後についてヤフーへの譲渡の可能性を含めた相談依頼があり、「LOHACOを仮称『Yモール(現PayPayモールとみられる)』としてヤフーの直営店にしたい」「価格設定と品揃えの判断はヤフー社が握りたい」「小売新会社(ヤフー社51%・アスクル49%)を設立してLOHACOを移管する」「新会社には岩田社長を役員に入れない」などの具体的な提案があったとした。

1 2

関連記事