2019.7.17

ヤフー、アスクルとの提携を継続…経営不振で岩田社長解任へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)は17日、連結子会社のアスクル(株)から12日に受けた「業務・資本提携関係の解消についての協議の申し入れ」を拒否し、今後も業務・資本提携関係を継続すると発表した。

 

 また、アスクルの筆頭株主(45%)であるヤフーは同日、8月2日に開催される第56回定時株主総会で、業績不振を理由にアスクルの岩田彰一郎社長の再任に反対する意向を示した。アスクルの11%の株式を所有するプラス(株)もヤフーに賛同していることから、議決権は合計56%の過半数に達し、岩田社長の再任は否決される見通しとなった。

 

 

LOHACOは赤字幅が拡大

 アスクルは直近の決算では増収増益だったものの、純利益は前年比90.7%減の4億3400万円と落ち込んでいた。BtoB事業は成長を続けているが、2012年10月にオープンした一般向け通販サイト「LOHACO」は、立ち上げ以来から赤字が続き、収益化の面で苦戦。LOHACOは売上高が拡大を続けているのに対し、赤字を縮小することができず、赤字幅は年々拡大していた。営業損益は16年5月期が34億円となり、18年5月期には93億円、19年5月期に92億円と、ここ2期は100億円近い赤字を計上していた。

1 2

関連記事