2019.6.28

アスクル、業績予想を下方修正…約31億円の特損を計上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アスクル(株)は27日、19年5月期決算で、「ASKUL Value Center日高」(以下、AVC日高)に関する固定資産について、特別損失(減損損失)30億9700万円を計上することを発表。併せて19年5月期通期業績予想を下方修正した。

 

ASKUL Value Center日高

 

AVC日高の回収可能性を検討、特損計上へ

 AVC日高は、17年2月に火災した「ASKUL LogiPARK首都圏」の近隣に開設した物流センターで、同年4月より稼働。その後、いわゆる「宅配クライシス」に起因する配送運賃値上げなどの事業環境の変化や、その他のリスクなども踏まえて、同社では個人向け通販「LOHACO」の事業計画を見直している。

 

 こうした中、改めてAVC日高の固定資産に係る回収可能性を検討。その結果、19年5月期第4四半期で減損損失を計上し、純利益および1株当たり純利益に反映することとなった。

1 2

関連記事