2019.4.24

家電ECが進化…楽天ビック流通額が70%増、購入履歴の統合も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天市場のOtoOの取り組みが想定以上の成果を上げている――。楽天(株)と(株)ビックカメラが昨年4月にオープンした家電ECサイト「楽天ビック」が、オープンから1年経過し、前年比70%増の成長を遂げていることがわった。

 

 

OtoO施策の奏功で「楽天ビック」流通額が70%増

 楽天とビックカメラは17日、メディア向けの事業戦略共有会を開催し、サービス開始から1年を経過した「楽天ビック」の成果と今後の戦略を発表。楽天市場の家電ジャンルは流通額が同14.6%増と成長しているが、そのなかでも「楽天ビック」は大規模な機能改善やOtoOの取り組みにより、流通額が同70%増と大きく伸長し、家電ジャンルを牽引している。

 

 楽天の矢澤俊介執行役員は「取扱高が増えるだけでなく、不安なく家電を購入してもらう機会が増えた。安心してネットショッピングを楽しむ場面が増えたことは、すばらしいこと」と話し、楽天ビックが「実際に商品を見て買いたい」「大型家具の配送は不安」「商品の詳細について質問したい」といった家電ECのネックとなる部分を解消し、安心して商品を購入できる環境を整えた意義について語った。

1 2

関連記事