2019.2.5

米Amazon期末決算、営業利益は3倍の約1兆3526億円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米Amazon.comが1月31日発表した2018年通期(1~12月)の業績は、売上高が前期比31%増の2238億8700万ドル(約24兆3379億円)、営業利益が同300%増の同124億2100万ドル(約1兆3526億円)、純利益は同332%増の100億7300万ドル(約1兆969億円)となった。

 

世界のAmazonでホリデーシーズンが好調

 18年第4四半期(10~12月)期間の決算は、売上高が前年同期比20%増の約723億8300万ドル(約7兆8825億円)、営業利益が同78%増の約37億8600万ドル(約4123億円)、純利益は同63%増の30億2700万ドル(約3296億円)だった。

 

 北米とAWSを除くグローバルの通期業績は、売上高が同18.5%増の658億6600万ドル(約7兆1728億円)、21億4200万ドル(約2351億円)の営業損失(前期は30億6200万ドルの営業損失)だった。

 

ホリデーシーズンで最も売れたのはAmazon『Echo Dot』

 ホリデーシーズンは世界で過去最大の規模となった。数千万のユーザーがPrime会員に加入。17年のホリデーシーズンとの比較で、Amazonデバイスが数百万個多く購入され、最も売れた製品は『Echo Dot』だった

 

 また、新たにオランダ(アムステルダム)、イギリス(ロンドン)、スペイン(マドリッド)、イタリア(ミラノ)、ドイツ(ベルリン)、フランス(パリ)にAmazonのポップアップストアをオープンした。

関連記事