2019.1.16

Wowma!、店頭入会・通信料割引で攻勢…au経済圏を融合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KDDIコマースフォワード(株)が運営するECモール「Wowma!(ワウマ!)」が、携帯キャリアならではの特性を活かし、事業を急拡大させている。同社では母体であるKDDI(株)との連携を強化し、18年12月からは全国のauショップでWowma!の入会手続きができるようにした。さらに1月16日からは、Wowma!での購入インセンティブとしてauの通信料金からの割り引きか、ポイント還元かのどちらかを選択できるというサービスを開始した。同社の八津川博史社長に18年の総括と19年の展望についてインタビューした。

 

KDDIコマースフォワード(株) 八津川博史社長

 

au経済圏ならではの優位性さらに打ち出し

 ――2018年を総括すると、どのような1年だったのでしょうか?

 

 八津川:Wowma!では、開設当初から「共創共栄」を掲げてやってきました。プラットフォーム運営者である我々と、出店者が一緒になってWowma!を作り上げていくということを大事にしてきたのです。昨年春に東京と大阪で開催した全国の加盟店が集まるフォーラムのテーマとしては「飛躍」を打ち出しました。このテーマに象徴されるように、18年はKDDIグループ全体で強力なau経済圏を構築でき、Wowma!にとっても「飛躍」の年になったと考えています。

 

 ――2018年はWowma!内での改革などはいかがだったでしょうか?

 

 八津川:6月にポイントキャンペーンの立て付けを全面的に刷新しました。刷新前は土曜日に集中的に強力なプロモーションを行ってきました。ただ、土曜日のリソース確保は店舗さまの現場がかなり大変になるなどといった事情も考慮して、土曜日にこだわらず、常時ポイントキャンペーンを実施するようにしました。ポイント還元率を最大15%に組み替える施策もとりました。これらのポイント施策では確実な成果が出てきており、高い還元率によってWowma!を使い続けていただくエンドユーザーさんが増えてきています。

 

 

 また、これまでに出店店舗さまから「他のECモールと比べると使いにくい」というお叱りの声もいただいたこともありました。 その声に応えるため、サードパーティーが出している一元管理のような業務効率化システムとの連携を大きく進めました。この1年で、主要なサービスとの連携はカバーしきれていると考えております。この1年で、細かいものも含めて、50以上の機能をローンチしました。店舗さまにとってのユーザビリティは格段に良くなったと実感しています。

 

 ——au経済圏の拡大についても詳しくお聞きしたいです。

 

 八津川:KDDIグループは、18年4月に社長が交代しました。そのタイミングでグループ全体の戦略として「通信とライフデザインの融合」を掲げました。ここでいう「ライフデザイン」は金融やコマースの領域を指しています。この戦略はauグループ内での各サービスの「連携」にとどまらず「融合」させていこうという意図があります。auの携帯電話やUQモバイルの通信などを使ってもらっているお客さまに、通信だけでなくコマースや金融サービスも使ってもらえるように、サービスを融合させて行くという考え方です。実際にこの1年で、融合は進んでいます。

 

全国のauショップ約2500箇所で店頭入会の受付を開始

 ——Wowma!して具体的にどのような「融合」がもたらされているでしょうか。

 

 八津川:1つ目は、auユーザーにはおなじみとなっている三太郎のキャンペーンにWowma!も乗っかりました。18年11月の三太郎キャンペーンではWowma!で使えるクーポンを付与し大きな成果が出ました。

 

 もう1つの大きな取り組みとして、18年12月から日本全国約2500の店舗網を持つ「auショップ」店頭でWowma!の入会が簡単にできるようにしました。auの携帯電話の新規入会や機種変更の契約で窓口に来店する際に、ショップスタッフがユーザーさんにご案内して簡単に入会できるようにするという取り組みです。

 

 店頭入会の取り組みに合わせて、auショップ店頭で配布するWowma!の冊子も創刊しました。これまでもWowma!のチラシは店頭で配っていたりしましたが、冊子型にすることによってauショップの中で手続きを待っている間にゆっくり見てもらえます。コンテンツとしては、Wowma!で販売している商品のカタログといったテイストではなく、Wowma!の体験価値を伝えたり、Wowma!で購入できるものを通したライフスタイルを提案するような内容にしています。

 

※店頭で配布する冊子の表紙

 

 これらの取り組みを通じて、auユーザーの目にWowma!が接触する機会を増やしています。

 

※店頭で配布する冊子の中面

 

 ——店頭入会の取り組みですが、初動の印象はいかがですか?

 

 八津川:走り出しとして、多くの入会を獲得できています。その中で、1つ課題に感じていることとしてまだネットショッピングを日頃からヘビーユースしているわけではない人が多いということがあります。そのため、EコマースやWowma!についての使い方や便利さの説明などよりブラッシュアップが必要かなと感じています。ただ、日常の買い物にEコマースを活用していない人との接点があるわけですから、大きなチャンスであるとも感じています。

 

 Eコマースに慣れていない人というと一般的にはシニア世代を想像するかと思いますが、現実には若い世代でもガラケーのみ使っているという層もいらっしゃいます。auショップはそうした層にもリーチできるので、Eコマースの世界に入ってきてもらえるよう肩を押してあげることができます。

 

 出店店舗さまからは常に「新しいユーザーを連れてきてほしい」と要望を受けています。店頭入会の取り組みは、この要望に応える重要な施策だと考えています。

1 2

関連記事