2017.11.20

ヤマトとオイシックス、農産品物流の共同研究「ベジネコ」開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤマト運輸(株)とオイシックスドット大地(株)は17日、生産者が抱える農産品物流の課題解決を目的とした共同研究「ベジネコ」プロジェクトを開始したと発表した。

 

 

ヤマト運輸の営業所を活用して農産物を輸送

 「ベジネコ」プロジェクトでは、オイシックスドット大地とヤマト運輸が、農産品物流の分野で安定的かつ効率の良い物流の構築に向けた共同研究を行う。具体的には、それぞれが所有する生産者ネットワークと輸送ネットワークを組み合わせることで、従来生産者が個別に手配していた輸送手段を統合。ヤマト運輸の全国約4000箇所の営業所を活用し、生産物を輸送する。

 

 また、ヤマト運輸の物流ターミナルからオイシックスドット大地の物流センターへ、必要な農産物を必要なタイミングで一括納品する仕組みを構築。倉庫への配送や倉庫内作業の効率化を進め、より新鮮な状態で商品を届ける体制を整える。

 

 10月から開始したテスト運用では、山形県の生産者の協力によりフィールドワークを開始。新たな輸送スキームの構築などについて検証を始めた。これにより「消費地からの距離が遠い」といった山形県の物流課題を解決したいとしている。さらに来年1月からは、宮崎県でも同様のテスト運用を実施する。

 

 消費者の食料需給や購買活動などが年々変化する中、生産者は農産品を生産するだけでなく、市場や小売店などへの納品といった物流の手配まで行っている。また、近年の物流業界におけるドライバー不足などの影響により、品質管理や納品時間などの要望に応えられる運送事業者が少ないなど、農産品物流は課題を抱えている。

 

 そこで同プロジェクトでは、オープンプラットフォームとして農産品に関わるさまざまな事業者の参画も視野に入れた研究を実施。農産品物流の効率化および生産者の販路拡大を支援する。なお、研究期間は来春までを予定している。

関連記事