EC・通販、ネットショップを支援するメディア

通販通信ECMOニュース・記事コラムwebマーケティング・分析におけるインサイトの意味とは?各SNSの有効活用法

2021.07.21 コラム

webマーケティング・分析におけるインサイトの意味とは?各SNSの有効活用法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 インサイトとはwebマーケテイングビジネスで用いられるマーケテイング用語の一つ。ユーザーが潜在的に持っているニーズを分析することで購買を喚起させるといった意味で用いられます。インサイトを見出す方法としてInstagramなど各種SNSには管理画面でインサイト分析をできる機能があり、これらを有効活用が手段の一つです。



インサイト=隠れたツボ

Q1.インサイトの意味とは?

 インサイトを直訳すると、「洞察(力)、眼識、見識、識見」(ジーニアス英和辞典第4版)を意味します。マーケティングにおいては、潜在ニーズということばが使われますが、インサイトは潜在ニーズを引き起こすこと、つまり、顧客が気づいていないような無意識な心理のことで、顧客がそれに気づくことで消費の行動につながります。

 近年はより便利で高品質なものが常に開発・販売され、消費者が欲しいものは何でも手に入るようになりました。企業にとって需要は「見つけるもの」ではなくなり、「掘り起こすもの」に変わってきています。今後重要視されるのは価値や体験といった、消費者が気づかず必要としているもの、つまり「インサイト」です。

Q2.インサイトを見出す意味は?

 前述したようにインサイトは直感・発見といった意味も持ち、顧客の行動などを洞察し、顧客本人が意識していない部分さえ見抜くことがあります。インサイトを発見し、商品開発・販売促進することで、顧客の心を動かし、購買につなげることができます。

 インサイトは消費者自身が表現できるニーズと比較して、探りだすことは困難です。消費者自身が気づいていないか、表現できないものであり、それを見抜かなければなりません。マーケティング部門においてインサイトの調査・分析が業務となっている企業も存在します。

 インサイトを見つけることは、競合との差異化につながり、マーケティングにおいて優位に立てます。強力なキャンペーンを実施するために欠かせない手法といえるでしょう。インサイトを発掘するためには、いくつかのコツがあります。

Q3.インサイトはどうやって見つけるのか

 インサイトを見つけるにはいくつかのステップがあります。代表的な進め方は、仮説を立て、アンケートなどでヒアリング実施します。収集したデータをもとに分析し、インサイトを発見するといった進め方です。それぞれ以下に詳しく説明します。

 まずは仮説の立案ですが、アンケートやインタビューを実施するにあたり、何かの目的がなければせっかく収集したデータも意味をなしません。ポイントは新しい視点で物事を見ることです。世の中には、ヒットした商品をもとに、それが常識と捉えられ、定着してきたものが多々あります。固定概念に捉われない考え方が必要です。

 収集したアンケートなどの回答データは顧客データと紐づけて分析します。顧客の性別・年齢や嗜好などとともに、回答結果との関連性を探ります。代表的な分析方法として、「重回帰分析」があります。これは結果に対して、どの因子が大きく影響しているか、係数で表し、大小を比較できる手法です。

 顧客のインサイトを見つけるにはさまざまな視点が必要です。人間の普遍的な欲求から探ることや、普段ネガティブに捉えられる事象をポジティブに転換するなどが代表的な手法です。回答データをもとに、視点を変えて吟味することで、新たな発見があるかもしれません。

Q4.簡単にインサイトを見出すツールは

 分析ツールももちろん存在しますが、手近なところとして各種プラットフォームでは、分析情報の一つとしてインサイトを可視化する機能を提供しているケースが多いです。例えば、「Googleマイビジネス」では、検索情報をもとにしたインサイトを閲覧できます。「GooglePageSpeedInsight」ではサイト表示速度に関するインサイトを見出す機能を提供しています。そのほか、SNSを提供する各社からはプラットフォーム上にインサイト分析できる機能があります。

各SNSのインサイト分析機能


◇Instagramのインサイト


 Instagramはインサイトを分析ツールとして備えています。個人アカウントでは使えませんが、プロアカウントに切り替えることで、誰でも無料で利用できます。

 インサイトを使って、投稿に対するフォロワーユーザーの年齢層・性別・地域などから、フォロワーが利用している時間帯まで確認できます。こうした現状を分析することで、今後のフォロワー増加のための改善点を模索していきます。

 人気投稿データを抽出して、インサイトで分析をおこなえば、おのずと人気が出る秘訣が見えてきます。投稿の内容や、時間帯を変えてみることもひとつの対策です。こうした対策を検証する際は、ひとつの投稿につき対策案はひとつに限定しましょう。複数の対策を含ませてしまうと、結局どれが効果的だったのか不明確になるためです。

◇Facebookのインサイト


 FacebookもInstagramと同様、インサイトの機能があります。内容も投稿の反応や、フォロワーの属性・推移といった内容を確認できます。こちらも無料で利用できますが、条件として、Facebookのページにいいねが30以上付く必要があります。

 フォロワー数・いいね数といった指標を自動でグラフ化してくれるため、一目で推移を確認できるのが特徴です。Facebookは投稿した内容が顧客にリーチした数を分析できます。リーチの種類も3種類から選べるため、目的に合った分析が可能です。

 また、エクスポート機能もあり、気になるデータを後で見返すのに便利です。エクセル形式で出力され、抽出する期間さえ設定すれば簡単にデータをダウンロードできます。

◇Twitterのインサイト


 Twitterアナリティクスという名称でインサイトを展開しています。スマートフォンのアプリでは利用できませんが、PCから誰でも利用できます。Twitterは商品サービスについて短文で気軽に投稿できる特性を持つため、ユーザーの反応を活用して、マーケティングに活用できます。

 フォロワーを伸ばしたいかいいね数などのエンゲージメントを高めたいかなどの目的によって、分析方法は異なります。たとえばフォロワー数を伸ばしたい場合は、インプレッション数、プロフィールクリック数、フォロー率などが因子となり、改善策を立てるヒントになります。

 改善策を立て、実行に移し、また分析結果から改善策を再度立案するサイクルを回すことで、数値にも反映されることでしょう。

◇Googleビジネスのインサイト


 Googleマイビジネスとは、Googleが提供しているマップや検索などの、さまざまなサービス上に自社の店舗の情報を登録し、その情報を一般のユーザーにも表示させることができる無料ツールです。

 こちらにもインサイトの機能を有しており、自社のGoogleマイビジネスに登録している情報に対し、どのように訪れたのかが分かります。例を挙げると、ユーザーが検索した方法・サービスやアクセス回数・ルート検索した回数など、それぞれを数値とグラフで確認できます。

 Googleマイビジネスに登録する情報を充実させ、Googleマップに表示される順位を上げると、ユーザーが検索する際に選ばれやすくなります。これの対策にビジネスを展開している企業もあるほどです。Googleからの流入数を上げたい場合は、専門に扱っているところに依頼することもひとつの手段です。

◇GooglePageSpeedInsight


 Google PageSpeed Insightsは、ウェブページ読み込み速度のパフォーマンスをテストし表示するツールです。Eコマースにおいて、ユーザーは2秒が待つことができる限界の時間とされています。

 ウェブページの表示速度を改善することで、ユーザーがサイトから離脱する可能性を下げることができます。また、任意のサイトを分析可能で、競合サイトの表示速度を分析するためにも使用できます。

 スコアは100点満点で表示され、一般的には40点を超えれば問題ないといえるでしょう。測定は海外から実施されるため、日本のサイトは点数が低くなる傾向があります。大手のサイトでも30点前後のスコアとなることはめずらしくありません。

 表示速度を上げるためには、画像のサイズを最適にすることや、サイトを構築するコード量を少なくするなど、ひとつひとつの改善が確実に成果に結びつきます。

 ページ読込速度改善に関するお役立ち資料を掲載しているので、ぜひ活用してみてください。


インサイトについてまとめ


 インサイトとは、顧客が気づいていないような無意識の心理を気づかせることで、消費の行動につなげることを意味します。近年では、便利で高品質なものが溢れているため、企業は需要を掘り起こす努力をしていかなければなりません。インサイトを発見し、顧客の心を動かすことで、自社商品の購買につなげることができます。

 インサイトを見つけることは、競合との差異化につながり、マーケットにおいて優位に立てます。今後の企業の成長のために欠かせない戦略となるでしょう。

 インサイトは、各社SNSなどから確認することができます。無料で利用できることが多いため、まずは試してみましょう。自動で数値やグラフを表示できるため、一目で結果を比較できます。

 インサイトを見つけるためには、仮説を立て、改善の目的を明確にしたうえで施策をおこなうべきです。インサイトの機能から抽出できる情報は数多くあるため、まずは特定の分野に絞って、改善の施策を打っていくことが重要なステップです。

インサイト活用に役立つ資料


 当サイト「通販通信ECMO」では、各種SNSのビジネス運用に役立つ資料を多数掲載しています。本記事でも解説したように、SNSは比較的インサイトを見出しやすい媒体です。インサイト分析に加え、さらなるSNS活用にも役立てられるので、ぜひ資料をご確認ください


インサイトに関する記事


 本記事で紹介した以外にもヤフー・楽天など多くの大手企業がインサイト研究を展開しています。市場の動向を確認するために最新の情報を「通販通信ECMO」ではお届けしています。日々の情報更新のために一度ご覧ください。

・「インサイト」関連記事一覧

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。