EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2020.01.21 調査・統計

バレンタイン調査、チョコ購入予定者が過去最高に…購入単価は70円増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 (株)ハースト婦人画報社が、カタログギフトのリンベル(株)と共同運営する通販事業「婦人画報のお取り寄せ」が実施したバレンタインギフトの調査結果によると、購入する個数や価格が調査開始以来最も高く、市場は今年も活発になりそうな傾向だという。「婦人画報のお取り寄せ」のユーザーで、女性を長身とする20~60代以上の1876人に聞いた。


チョコ購入予定者は3年連続85%超


 それによると、バレンタインチョコレートは「購入する」(89%)、「チョコ以外のものを贈る」(24%)、「手作りする」(7%)、「購入しない」(3%)、「未定」(5%)=複数回答=となり、チョコの購入予定者は2017年の調査開始以降、過去最高。3年連続で85%を超えた。


 バレンタインギフトとしてチョコは依然根強い人気アイテムといえ、以外では「クッキー・焼菓子」が45%で、「ワインなど」(32%)、「衣料品」(28%)を抑え、最も多い結果になった。

「自分」「女性の友人」用の需要増


 贈り先は「本命」(74%)、「自分」(58%)、「女性の友人」(29%)がベスト3=同。19年の調査時と比べ、「自分」は4ポイント、「女性の友人」は3ポイントアップ。一方、「本命の相手・夫」は昨年と同様、「職場の上司、同僚」は0.3ポイントダウンした。「自分で納得した逸品を購入したい」は89%に上り、昨年(88%)とほぼ同様の意識を示していた。


平均購入価格は前年比で70円アップ


 1個あたりの平均価格は2240円と上昇。(19年2170円、18年2170円、17年2160円)。「職場の義理」では1500円程度なのに対し、「本命」(3040円)と、「自分」(2970円)に対しては3000円近いチョコを購入し、明確な差がつく結果になった。購入個数の平均は6.8個で、昨年の6.4個よりも増加した。

「映え」そうなチョコが人気?


 「婦人画報のお取り寄せ」は、8日から「バレンタインチョコレート」の販売をスタートし、早くも多数の注文が寄せられているという。調査結果を裏付けるような、「味へのこだわり」、華やかな「ビジュアル」に特徴がある商品が人気だ。15日現在の人気ベスト3は、1位が「カフェタナカ」ボワット・ショコラテ2020(写真=左)、2位が「マカロン・エ・ショコラ」バレンタインボーロ(写真=中央)、3位が「ナカムラチョコレート」ナカムラセレクション(写真=右)だという。





ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。