EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.12.25 通販支援

不用品を売ってふるさと納税!ふるさとチョイスがメルペイ導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する(株)トラストバンクは24日、スマホ決済サービス「メルペイ」のネット決済が利用可能になったと発表した。同日現在、(株)メルカリが運営するCtoCフリマアプリ「メルカリ」の売上⾦などを利⽤して全国150以上の地方自治体にふるさと納税ができるという。


12月の寄付額は約7倍にも


 ふるさと納税は、通年で申し込みができる制度だが、年収がある程度分かる年末の12月にかけて、駆け込みで寄付が集中する傾向にあるという。「ふるさとチョイス」でも、2018年の寄付金流通割合の推移は年末にかけて急増。12月の寄付額は1~9月の平均と比べて約7倍だった。年間の寄付全体の約3割以上が12月の1か月間に集中していた。


メルカリ女性ユーザーの関心高く


 そんな12月もあと数日だが、トラストバンクでは「大掃除で要らなくなったものを売ってふるさと納税」とPR。同社が、都内に住む女性20〜60代のメルカリ利用者1883人を対象に実施した「ふるさと納税」に関するアンケートによると、7割強が「普段から利用しているアプリを使って簡単にできるのであれば」と、ふるさと納税への興味と関心を感じたという。

 「アプリですぐ決済」「メルカリの売上金が使える」など、メルペイユーザーならメリットもたくさん。東京・有楽町にあるリアル店舗の「ふるさとチョイスCafé」では、メルペイを利用できる自治体のお礼の品を展示しているほか、ふるさと納税の相談や体験、実食なども可能。こちらにも「来店を」と呼びかけている。

メルペイで約150の自治体に寄付可能


 「ふるさとチョイス」は、全国すべての自治体のふるさと納税の「使い道」や「お礼の品」、まちの情報などを紹介。12月現在、契約自治体は1500を超え、お礼の品の登録数は24万点を超えた。メルペイを通じた「納税」を受け付ける自治体も順次、追加予定という。






ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。