EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.09.20 ECモール

楽天と西友、横須賀で自動走行ロボット活用の配送サービス開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)と合同会社西友は21日、神奈川県横須賀市の「西友リヴィンよこすか店」から、隣接する港湾緑地「うみかぜ公園」へ、自動走行ロボット(UGV:Unmanned Ground Vehicle)を使った商品配送サービスを始める。10月27日までの約1カ月間実施する。

1日最大12件を配送

 バーベキューやピクニックなどに公園を訪れた利用客が、スマートフォンの専用アプリを使って西友で取り扱う食材や飲料、救急用品など約400品目の中から注文。楽天のUGVは既定のルートを通り、指定された時間と公園内に設けた複数の受け取り場所に配送する。

!nextpage!

 UGVは高さ1.6メートルの箱型。最大積載量は50キロで、配送時の速度は時速約5キロという。運用は土、日曜日の週2回。午前8時から注文受け付けを始め、最大1日12件の配送を予定している。配送料は商品代金とは別に300円(税込)。雨天などの悪天候時には運用を中止し、当日の実施可否はアプリ上で見られるようにする。

 

楽天と西友、スマートモビリティ活用で社会課題解決へ

 楽天と西友は9月末まで、公園沖合の猿島にドローンを使って商品を届ける実証実験も行っている。2つのサービスで運用ノウハウを蓄積し、市内地域に日用品などを配達することを将来の目標に掲げている。いずれもスマートモビリティ(賢い移動運搬手段)を活用して社会課題の解決をめざす、市の「ヨコスカ×スマートモビリティ・チャレンジ」の一環だ。

 政府は2019年度内にも、自動走行ロボットの本格的な社会実装に向けた官民による協議会の立ち上げや公道上での実証に向けた基準策定などを予定している。楽天も公道を含むさまざまな場所でのサービス実現をめざしている。また西友とは今後も、ドローンやUGVを活用した無人配送や協働運営する「楽天西友ネットスーパー」など通じて、新たな利便性の提供とショッピング環境の向上を図りたいとしている。

 

◇UGV配送サービスの利用方法

 注文者のスマートフォンに「楽天ドローン」アプリをダウンロードし、楽天IDでログイン。 アプリ内の商品を指定し、受け取り希望時間と場所を選択。「楽天ペイ(オンライン決済)」で支払いを行うと、注文が完了する。配送ステータスはアプリ上で確認でき、商品が到着するとアプリにプッシュ通知が届く。通知に記載された暗証番号をUGV後部のタッチパネルに入力することで、商品を受け取ることができる。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。