EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2018.12.19 通販会社

19年はカリフライスが大ヒット!?オイシックスが19年のトレンド野菜を予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オイシックス・ラ・大地(株)は18日、同社が運営する「Oisix」の「2019年注目の野菜トップ5」を発表。第1位にうっすらと塩味があり炒め物などに適した「うしおな(ふだん草)」が選ばれた。

19年のトレンド第1位は「うしおな(ふだん草)」と発表

 「2019年注目の野菜トップ5」は、毎週300品目の野菜を取り扱う同社バイヤーが、「売れ行き」「顧客からの支持」などの観点から選出したもの。19年のトレンド野菜は、第1位「うしおな(ふだん草)」、第2位「カリフラワー」、第3位「ブロッコリー」、第4位「切り株えのき」、第5位「ミニねぎ」になると予想した。

!nextpage!

 第1位の「うしおな」は、一般的にはほとんど知られていないが、葉物野菜特有のえぐみがなく、うっすらと塩味があるのが特長。素材本来の味を活かすことで味付けをしなくても調理でき、炒め物や煮物など幅広く活躍する。「Oisix」では18年4月に発売を開始。5月24日には『うしおなのスープ』をラインアップに加えている。

 

 第2位の「カリフラワー」は、お米の代わりに食べられる「カリフライス」が19年にも人気が出ると予想。第4位の「切り株えのき」は、「えのき」の根本の部分で、バター醤油で焼いたステーキや天ぷらにするとおいしいと話題になっている。第5位は19年に発売予定している「ミニねぎ」で、少人数の家庭や単身世帯に勧めている。

 

18年は天候不順・猛暑で野菜の価格が高騰

 同社によると、18年は天候不順や猛暑などが原因で野菜の価格が高騰。過去5年の平均価格より野菜の価格変動が激しい年になったという。そのような中、同社では生産者と直接契約を結び、半年ほど先の仕入れ量を決定することで、ほぼ一定の価格での野菜販売を実現。契約栽培による販売価格の安定化が見直される1年になったとしている。

ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。