2019.8.9

メルカリ最終決算、純損失は約倍増の137億円…広告・人件費拡大で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)メルカリが8日発表した2019年6月期(18年7月~19年6月)連結決算は、売上高が前期比44.5%増の516億8300万円、121億4900万円の営業損失(前期は44億2200万円の営業損失)、純損失は137億6400万円(同70億4100万円)となった。

 

メルカリ国内流通総額は4902億円に

 広告宣伝費やポイント費、人件費などの増加で、営業損失が膨らんだ。人材については、専門性の高いエンジニアを中心に新規採用を進め、19年6月期時点の従業員数は、前年同期比で約700人増加の1826人となった。

 

 19年5月に経済産業省が発表した「電子商取引に関する市場調査」によると、18年の国内フリマアプリ市場は6392億円。拡大基調にある事業環境下で、CtoCマーケットプレイス「メルカリ」の国内流通総額は当連結会計年度において4902億円となり、前年同期比1434億円の増加となった。

1 2

関連記事