皮膚障害・定期トラブル続出…国セン、「まつ毛美容液」に注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国民生活センターは8日、皮膚障害や定期購入トラブルの相談が18年以降に急増しているとして「まつ毛美容液」について注意喚起を行った。国センは買い上げ調査なども行い、ECや容器包装の商品説明の表示には薬機法に抵触しているとみられる表示が散見されるとし、厚生労働省などへ要望も行った。

 

商品テスト対象となった20銘柄の「まつ毛美容液」

 

皮膚障害関連の相談が1年で約4倍に

 国センによると、PIO-NETに寄せられた「まつ毛美容液」に関する相談は15年度以降2140件寄せられている。EC関連の相談が大半を占めており、いわゆる定期購入トラブルに関する内容が多い。その中でも「ネット通販で購入したまつ毛美容液を使用したところ目の周りが腫れた」などとする皮膚障害など健康被害に関わる相談が15年度以降381件あった。特に18年度は281件(17年度は70件)と急増しているという。

 

 健康被害に関する相談381件のうち、300件(78.7%)は赤み・かゆみ・痛み・腫れなどの症状が見られる「皮膚障害」だった。

 

医薬部外品の「まつ毛美容液」は薬機法違反ではと指摘

 そこで国センは「まつ毛美容液」20品目の買い上げ調査を実施。20商品は、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングにおいて「まつ毛美容液」が分類されるカテゴリにおいて、売れ筋ランキング上位の商品や「発毛」「育毛」「養毛」「増毛」の検索ワードで引っかかった商品など。「まつ毛美容液」カテゴリ内で「医薬部外品」「薬用」との表示が確認できた商品も含まれている。

1 2

関連記事