2017.7.14

プエラリア配合の健康食品で健康被害、国民センが注意喚起

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(独)国民生活センターは13日、バストアップやスタイルアップなどの美容目的で販売されている「プエラリア・ミリフィカ」を含む健康食品で、月経不順などの健康被害事例が増加しているとして、安易な摂取を控えるようにホームページで注意喚起した。

 

 

危害情報が5年間で209件

 消費者相談のデータベース「PIO―NET」には、プエラリア・ミリフィカを含む健康食品の危害情報が2012年以降の5年間で209件寄せられており、特に15年以降に増加していた。危害事例には、健康食品では一般的な消化器障害など症状のほか、月経不順や不正出血など、女性特有の生理作用に影響していると思われるものが多く見られた。

1 2

関連記事