2019.4.22

「ヤフーガイドライン」厳格化で5900件の広告配信停止

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤフー(株)は19日、アドフラウド(不正広告)撲滅に向けて18年10月25日に実施した「広告配信ガイドライン」の改定に基づき、19年3月31日までに、ガイドラインに抵触する約5900件の広告配信を停止したことを明らかにした。

 

AC

 

新ガイドラインを満たした約900件のみ配信再開

 「Yahoo! JAPAN」では、不正に広告費をだまし取る手法「アドフラウド」への対策として、18年9月21日に「Yahoo! JAPAN」「Yahoo!ニュース」などで直接契約があり、安全性が確認できているサイトを除いた広告約6800件を停止。その後、ガイドラインの改定後の再審査を経て、新ガイドラインを満たした約900件の広告配信を再開した。その結果、残り約5900件の広告配信が停止されることとなった。

1 2

関連記事