2018.6.15

痩身効果を虚偽表示、通販会社に措置命令…アフィリエイトも違反に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は15日、二重価格表示や虚偽のダイエット効果を表示して健康食品や化粧品などを販売していた通販事業者(株)ブレインハーツに対し景品表示法に基づく措置命令と課徴金納付命令を行なった。同社では、根拠なく痩身効果をうたったり(優良誤認)、実体のない販売価格を「参考小売価格」などとして記載していた(有利誤認)。課徴金額は計2229万円。

 

 

「芸能人も愛用!」「テレビで話題」などすべて虚偽の表示

今回、ブレインハーツが違反認定を受けたのは、(1)ダイエットサプリ『グリーンシェイパー』、(2)ダイエットサプリ『アストロンα』、(3)ダイエット茶『スリムイヴ』、(4)石けん『恋白美スキンソープ』、(5)ダイエットレギンス『Smart Leg』の5製品。

1 2

関連記事