2019.4.17

キャッシュレス推進協議会、スマホ決済の不正利用防止に向けGL策定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(一社)キャッシュレス推進協議会(PJ=PAYMENT JAPAN)は16日、クレジットカード番号などの不正利用防止対策に関するガイドラインを公表した。同ガイドラインの策定にあたり、同協議会では19年1月18日~3月26日にかけて、クレジットカード事業者とコード決済等事業者に呼び掛け、全5回の検討会を実施している。

 

キャッシュレス推進協議会ガイドライン「概要説明資料」より抜粋

ガイドライン「概要説明資料」より抜粋

 

各プロセスで必要とされる対策を明記

 同ガイドラインは、バーコードやQRコードを用いた、いわゆる「コード決済」の利用時にクレジットカード番号などの個人情報が流出し、不正利用される事案を想定して、その対策について策定したもの。「アカウント作成時」「クレジットカード登録時」「決済時」「決済後」といった各プロセスで、コード決済事業者またはコード決済事業者が行うべき対策についてとりまとめている。コード決済サービスが社会的信用を得るためにも、各事業者はガイドラインに基づいた不正利用防止対策の実行が求められる。

1 2

関連記事