2018.12.28

PayPay、不正利用を全額補償へ…来年から3Dセキュア導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PayPay(株)は27日、QRコード決済「PayPay」でクレジットカードの不正利用が発覚した件について、カード会社と連携して請求停止や返金などの措置を行い、カード会社が対応できない場合については、同社が返金額の全額を補償すると発表した。

 

 

不正ログインによる被害は4件?

 同社によると、クレジットカードの不正利用に関する調査の結果、「PayPay」へのクレジットカード登録時にセキュリティコードを20回以上入力して登録に至った件数は、同サービス開始以来13件だった。不正利用の主な要因については、悪意ある第三者が何らかの方法でセキュリティコードを含むクレジットカード情報を入手し、利用に至った可能性が高いという。また、不正利用のあった13件のうち、「PayPay」の利用があった9件については、カード会社の調査で本人による登録と利用であったことが判明している。

1 2

関連記事