2019.2.22

カナダグースの偽ブランドを販売、消費者庁がEC会社の社名公表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

消費者庁は22日、CGJP(株)がECサイトで偽ブランド品を販売しているとして、社名を公表した。今回の件は、消費者安全法に基づき、消費者への注意喚起とした出された。

 

 

消費者安全法に基づき注意喚起を実施

 消費者庁によるとCGJP(代表者名:町田杏菜)は、ECサイト上で「カナダ・グース・インターナショナル・アクチェンゲゼル・シャフト(カナダグース)」の商品を掲載し、「こちらの商品はブランド、新品、工場直売です。」「全ては未使用の正規品です。」などと表示。12万3800円の商品が2万4700円で買えるといった内容訴求のSNS広告で顧客を誘引していた。ただ、CGJPが取り扱う商品は偽物だった。

1 2

関連記事