2019.2.21

無人配送のビッグ2が協業…楽天、京東のドローンと配送ロボを導入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)と中国のECモール「京東商城(JD.com)」は21日、楽天の無人配送ソリューションに、京東のドローンと配送ロボット(Unmanned Ground Vehicle:UGV)を導入することで合意したと発表した。無人配送の分野で日中のリーディングカンパニーが連携し、国内での無人配送サービスの実用化を目指す。

 

左から楽天(株)ドローン・UGV事業部 向井秀明ジェネラルマネージャー、

楽天(株)安藤公二常務執行役員、京東集団 肖軍副総裁兼X事業部副総裁、

JD.com京東日本(株)荒井伸二氏

 

楽天と京東、年内にドローンとUGVの実証実験開始

 楽天は中国で実績が豊富な京東のドローンとUGVを、楽天のドローン配送ソリューションで利用し、実証実験・テストサービスなどを繰り返し、使用用途や場面に応じた無人配送サービスを提供する。同日の記者会見で、楽天の安藤公二常務執行役員は「京東集団のドローンとUGVの機体を導入し、無人配送ソリューションサービス構築を加速させ、配送産業の革命を起こしていきたい」と意気込みを語った。

 

 記者会見では、UGVに乗せた荷物を届けるデモストレーションも行われた

 

 無人配送ロボットのUGVは、現時点で日本の法律で公道を走ることはできず、当面は私有地で実証実験を実施することになる。安藤氏はUGVについて「私有地などの特定のエリアで実績を積み重ね、公道でも利用できるように働きかけていきたい」と話した。自治体とも連携し、年内には京東のドローンとUGVを利用した実証実験を開始する見込み。将来的には商品を自宅まで配送することを見込む。

 

1 2

関連記事