2018.7.17

楽天、ドローンハイウェイで弁当配達に成功…専用アプリも開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天(株)は12日、ドローン配送アプリを自社開発し、片道3kmの自立飛行による弁当の配達に成功したと発表した。東京電力ベンチャーズ(株)と(株)ゼンリンによって開発された埼玉県秩父市の「ドローンハイウェイ」上のコースで実証実験を行った。

 

(左)東電ベンチャーズ 社長・赤塚新司氏、(中央)ゼンリン 執行役員 事業統括本部IoT事業本部長・竹川道郎氏、(右)楽天 常務執行役員・安藤公二氏

 

送電線などのインフラデータと地図データ掛け合わせ、安全飛行ルートを割り出し

 「ドローンハイウェイ」とは ドローンが安全に飛行できるルートのこと。東電ベンチャーズとゼンリンが2017年3月から、同構想の実現に向けた取り組みを開始した。東電グループの「送電鉄塔、送電線、変電所、電柱など」のインフラデータと、ゼンリンが開発する「空の三次元地図」を組み合わせ、ドローンが安全に飛行できるルートを割り出す。安全飛行に向けた技術を共同開発している。

1 2

関連記事