2018.11.19

スマートスタジアム実現へ、楽天が自動配送ロボ活用の5G実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

楽天モバイルネットワーク(株)は15日、ITを活用して次世代のスポーツ観戦体験を提供する「スマートスタジアム」構想などの実現に向け、第5世代移動通信方式(5G)の実証実験を「楽天生命パーク宮城」(仙台市)で実施した。実証実験では、5Gネットワークを活用した自動配送ロボットの遠隔操作やユーザー認証、360度カメラを用いた「8K」VRの映像配信などを行った。自動配送ロボットを用いた5Gの実証実験は、国内初となる。

 

 

スタジアムの飲食物販売の簡素化、チケットレス、VR映像配信などを実験

 「スマートスタジアム」は、先進的なIT技術の活用により、スポーツ観戦で新たな体験を創出する構想。アプリによるスタジアムでの飲食物注文の簡潔化、チケットレス化などによる利便性の向上、VRによる遠隔ユーザーへの臨場感あふれる映像配信などを提供する。今回の実験は、ノキアソリューションズ&ネットワークス合同会社、インテル(株)の協力により実施された。

 

1 2

関連記事