2018.12.4

LINE公式アカウント、0円から利用可能に…通数課金も適用

, ,
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LINE(株)は3日、メッセージアプリ「LINE」を活用した法人向けサービス「LINE Biz-Solution」のサービスリニューアルの詳細を発表した。「LINE公式アカウント」については同日より新料金プランの提供がスタートとなった。

 

LINE Biz-Solutions誕生、ビジネスソリューションを統合・リデザイン

 LINEではこれまで、「LINE公式アカウント」「LINEビジネスコネクト」「LINEカスタマーコネクト」「LINE@」などの各種法人向けアカウントや、運用型広告「LINE Ads Platform」、店頭販促特化型ソリューション「LINE Sales Promotion」といった各種法人向けサービスを提供してきた。

 

 ただ、同社によるとこれまではLINEが提供する各サービス間での連携が薄く、それぞれのソリューションが持つユーザーデータを活かしきれていないという課題があったという。そこで今回、LINEの法人向けサービスでは各ソリューションごとに分断されていたユーザーデータを統合し、最適なコンテンツ・サービスを提供していく「リデザイン」という方針に舵を切る。

 

 「リデザイン」の実施により、「LINE Account Connect」「LINE Ads Platform」「LINE Sales Promotion」の3つを「LINE Biz-Solutions」と総称する。

 

 

制限数以上のメッセージ配信は通数課金適用に

また、「LINE公式アカウント」では、来春「LINE@」との統合を行う予定。大手企業向けに展開してきた「LINE公式アカウント」と、中小企業・店舗向けに展開してきた「LINE@」を統合し、サービス間の機能差を是正する。同日から、このアカウント統合を見据えた新料金プランの提供も開始となった。

 

 新料金プランでは、「LINE公式アカウント」を月額0円から利用可能になる。ただし、毎月無料で送信できるメッセージ通数に制限があり、制限以上のメッセージ配信は通数課金となる。

 

 なお、これまで提供されていた「API型公式アカウント」「LINEビジネスコネクト」「LINEカスマーコネクト」はすべて「LINE公式アカウント」に統合、各機能は「LINE公式アカウント」のAPIオプションとして提供する。

 

 

 新アカウントプランの提供により、メッセージの一斉配信だけでなく、CMS上のターゲティング配信・API配信の活用が可能になる。LINEとしては、企業からのユーザーへの適切なメッセージを配信を推進していくという。

 

 リデザインに合わせて、法人向けポータルサイト「LINE for Business」もリニューアルした。「LINE Biz-Solutions」の情報を中心に発信していく。

 

■LINE for Business

 

▽関連記事

・LINEの通数課金なんて怖くない!個別配信でCVRアップ!?

 

(古川寛之)

関連記事