2018.7.24

サイネージ活用し店員が遠隔コーデ、楽天が新システムの実証実験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電気自動車+デジタルサイネージで次世代のお買い物体験を提案

 楽天(株)は23日、楽天グループの研究開発機関「楽天技術研究所」と会津大学の共同研究で、電気自動車とデジタルサイネージを活用した次世代型の買い物体験を提供する実証実験を実施した。電気自動車の後部座席には試着室を用意、試着室にいるユーザーと遠方にいるスタイリストをインターネット経由でつなぎ、スタイリングをアドバイスするというもの。

 

楽天の有力店舗「イーザッカマニアストアーズ」((有)ズーティー)が協力

 

サイネージ上のQR読み取りで簡単に商品購入が可能

 今回の実験は、楽天技研が開発した「遠隔スタイリング支援システム」を搭載した電気自動車「リモートファッションコミュニケーションビークル」を使って実施された。自動車後部はスタイリングルーム(試着室)として改造され、ユーザーが乗ることができる。また、デジタルサイネージも設置されており、遠隔からショップ店員がスタイリング提案を行う。

 

電気自動車の後部がスタイリングルームになっている

1 2

関連記事