2018.3.19

「mekuru Job」イベントにインフルエンサーが結集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

GMO TECH(株)とSNSマーケティング事業を展開する(株)リグラフィティは12日、インフルエンサー支援イベント「mekuru(メクル) Job」を都内で開催し、アフィリエイターやインフルエンサーら300人以上が参加し、著名なインフルエンサーらの講演に熱心に耳を傾けた。

 

 同イベントでは、フォロワー4万人のInstagrammer/ブロガーの佐々木梨花氏と、トレーニング・筋肉のメカニズム解説などが人気を集めているYouTuberの高稲達弥氏が登壇。趣味を活かして活躍する両氏に、参加者から積極的な質問が飛んだ。

 

 

福嶋氏「情報は広告からでなく、好きな人から得る時代に」

 リグラフィティ社長の福嶋寛志氏は、講演でインフルエンサーやアフィリエイターらに向けて、約4万人が参加表明しているインフルエンサープラットフォーム「mekuru」を活用した自分らしい働き方を提案。

 

 福嶋氏は、「(現代の価値観は)モノからコトへ、コトからヒトにパラダイムシフトし、商品やサービスを売ってはいけない時代になっている」と語った。例えば、洋服であれば、消費者は洋服そのものに興味を抱くのではなく、タレントやインフルエンサーが着ているから、その洋服に興味を抱いている状況になっているという。同氏は「これからは、広告から情報を得るのではなく、好きな人から情報を得るようになる」と話した。

 

 「mekuru」はインフルエンサーの自立的な働き方を支援するサービスで、SNSでの商品・サービスのPRといったインフルエンサーの仕事だけでなく、企業との専属契約やmekuru会員への講師など、インフルエンサーのキャリアアップをサポートする。GMO TECHのアフィリエイトサービス「GMO SmaAFFi」との提携で、スポンサー企業を100以上獲得し、常時できる仕事は約500件に上る。スポンサーと会員を直接つなぐことで、中間マージンを圧縮し、利益を会員に還元できるシステムとなっている。

関連記事