2018.3.12

大規模通販対応のカートシステム「たまごリピートNEXT」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ASPカートシステムというと、中小の独自ECサイト向けというイメージが強いが、リピート通販特化型のカートシステムで、大規模な通販サイトにも対応できる新たなサービスが登場した――。リピート通販の支援システム「たまごリピート」を提供するテモナ(株)は12日、「たまごリピート」の基本性能を向上し、システムカスタマイズにも対応した新たなリピート通販システム「たまごリピートNEXT」を4月から販売すると発表した。

 

 中小の通販サイトが成長すると、慣れ親しんだ通販システムを変更せざるを得ないこともあったが、「たまごリピートNEXT」は、こうした課題を解消する次世代リピート通販システムとなる。

 

大規模通販対応の「エキスパートプラン」新設

 「たまごリピートNEXT」は、「たまごリピート」の後継版。料金プランには、新たに月商1億円以上の大規模通販事業者に対応した「エキスパートプラン」(初期費用29万8000円、月額13万9800円~)が加わった。「たまごリピート」は、新たに通販を開始した会社が、いち早く年商10億円に到達するために必要な機能が盛り込まれたカートシステムで、年商が数十億を超えた場合、システムのカスタマイズなどが必要となり、新たにECシステムを構築し直す通販会社もあった。今回の「たまごリピートNEXT」へのリニューアルにより、「たまごリピート」導入企業は、年商が100億円規模に達しても、慣れ親しんだリピート通販システムを継続して使用できるようになった。

 

 旧システムとなる「たまごリピート」は、今後数年かけ、「たまごリピートNEXT」に移行・統合することを予定している。

 

 そのほか、主な改善点は、「動作スピード改善によるパフォーマンス向上」(処理速度が平均20%以上向上)、「管理画面の操作性向上」(直感的に操作できるデザインに変更)、「アップセル・クロスセル」(より精度が高いキャンペーン運用を実現)、「APIによる外部ツールとの拡張連携・カスタマイズの個別対応」(API解放でCRMや倉庫などの外部システムとの連携が可能に)、「商品設定の種類の拡大」(商品バリエーションやセット商品の設定ができ、より柔軟な価格設定が可能に)など。

 

「断トツNo.1キャンペーン」とセミナーを開始

 「たまごリピートNEXT」の販売開始を記念し、同社では、日本各地で記念セミナーを開催するほか、4月から月替わりで特典の内容が変わる「断トツNo.1キャンペーン」を開始する。4月の第一弾キャンペーンでは、期間中にスタンダードプランに申込みをした企業に初期費用(6万9800円)を無料で提供する。

 

 無料セミナーでは、「たまごリピートNEXT」の機能説明とデモンストレーションを実施。4月2日(東京会場)を皮切りに、福岡(4月3日)、大阪(4月4日)、名古屋(4月5日)、札幌(4月17日)、岡山(4月18日)の各地で開催する。

 

 「たまごリピート」は、業界初の定期購入専門のクラウド通販システムとして2009年9月にサービスを開始して以降、導入企業を急速に拡大し、現在では美容・健康関連の商材を扱う通販会社を中心に、1000社以上の導入実績がある。同社は17年4月に東証マザーズ市場に新規上場した。

 

■「たまごリピートNext」

関連記事