AIに代行してほしいこと、「洋服のコーディネート」が24%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(株)ジャストシステムが8日発表した「人工知能(AI)&ロボット月次定点調査/2017年総集編」によると、「スマートスピーカー」の認知率は、12月度調査では70.9%となり、17年6月度調査時から半年で30ポイント近く増加していることがわかった。また、46%の人が「AI家電をぜひ購入したい」または「AI家電に興味があり、購入を検討したい」と回答した。

 

AIによる代行希望、通販関連では「献立の検討」「洋服のコーディネート」など

 同調査は、同社が運営する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が実施したインターネット調査。全国の15歳から69歳の男女1100人を対象に17年6月から毎月1回実施している。

 

1 2

関連記事