2018.2.19

凸版印刷、EC支援サービス「ec-lite+」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷(株)は15日、企業・団体向けのEC支援サービス「ec-lite+(イーシーライトプラス)」の本格的な提供を開始した。

 

 

物流やBPOサービスまでをトータルサポート

 「ec-lite+」は、同社が提供している「ec-lite」の拡張版で、商品発送やコールセンター業務などのBPOサービスまでをトータルでサポートするもの。

 

 「ec-lite」では、出版物の応募者全員サービスやイベント来場者限定でのグッズ販売、商品購入者への限定販売  (セルフリキデーション) など、期間限定利用でも手軽に利用できるEC支援サービスを提供している。「ec-lite+」ではこれらの機能に加え、購入申込画面を基本フォーマットとして提供するほか、シリアルコードの登録やマッチング、決済代行会社との契約や売上管理などの業務サポートにも対応させた。

 

 なお、同サービスは本格提供に先立ち、(株)小学館が15日に発売した『月刊コロコロコミック』3月号の応募者全員サービスに採用している。

 

 「ec-lite+」の主な特長は次の通り。

 

(1)ECの構築から商品発送までをトータルで提供

 サイトの運営から、商品発送、問い合わせ業務までをパッケージ化。企業は販売商品を用意するだけでECが導入できる。

 

(2)短期間での利用が可能

 ASPとして提供するため、キャンペーンやトライアル販売など、期間限定で特定の商品を販売する際にも利用が可能。申込数に応じた課金体系のため、小ロット商品の販売にも低コストで導入できる。

 

(3)ECの専門知識が不要

 継続的なセキュリティ対策や決済代行企業との契約手続き、入金・取引エラー確認などの売上管理業務、メンテナンス通知業務など、専門的な手続きや運用管理業務については凸版印刷がサポートする。

 

(4)高いセキュリティ体制

 個人情報や販売データは凸版印刷のデータセンターが管理・運用するため、高度なセキュリティが適用される。

 

 価格は、基本料金70万円~。基本料金にはシステム設定・構築費、決済代行会社との契約費・売上管理サポート、事務局設置費などが含まれる。

 

■「ec-lite」「ec-lite+」

関連記事