EC・通販、ネットショップを支援するメディア

2019.12.09 通販会社

イオンが「ループ」に参画、再利用可能なリユース容器を導入へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 イオン(株)はこのほど、持続可能な社会の実現に向けての取り組みの一環として、日本の小売業として初めて、繰り返し使えるリユース容器を利用した商品のショッピングプラットフォーム「Loop(ループ)」に参画することを明らかにした。「使い捨て容器は不要」――。未来の消費の形を模索する取り組みといえそうだ。

環境保全活動の一環でLoop参画

 2020年秋から、東京都の「イオン」「イオンスタイル」で、プロジェクトに参画するメーカー各社の日用消耗品や食品など、リユース容器を利用した商品の先行販売と使用後の容器回収を開始し、21年から順次、本州・四国の約400店舗への拡大をめざす。
 
 イオンは1991年から「買物袋持参運動」や食品トレーやペットボトルなどの資源回収の実施など、積極的に環境保全活動に取り組んでいる。近年は、プラスチックの「使い捨て」習慣を見直す機運が高まっており、ごみを減量する「リデュース」や、繰り返し使う「リユース」へのシトが世界的に広がりつつある中、イオンは、「使い捨てから繰り返し使うライフスタイル」への関心が高まるきっかけとなることを願い、「ループ」の取り組みに参画する。
!nextpage!

経済循環「サーキュラーエコノミー」を推進

 イオンによると、「ループ」は、国際的なリサイクル企業であるテラサイクルが開発し、従来、使い捨てされていた洗剤やシャンプーなどの日用消耗品や食品などの容器や商品パッケージを、ステンレスやガラスなど耐久性の高いものに変え、繰り返し 利用を可能にする新たな商品提供システムだ。

 言い換えると、「資源を使い捨てにせず、何度でも使い続けるという仕組みの経済」ともいえ、世界中で問題になっている「使い捨て依存」から脱却し、環境への負荷を減らしながら、廃棄物を出さない経済循環(サーキュラーエコノミー)の実現を推進する挑戦でもある。大量生産・大量消費にとって代わる経済の仕組みの1つ、ともいえそうだ。

20年に東洋でもループプログラム開始へ

 ループの特徴は、使い捨てにされていた消費財や容器を繰り返して使える耐久性の高い素材に変え、使用後は消費者の自宅から回収し、洗浄し、補充した上でリユースするという新しいショッピングシステムを生み出している点にある。19年から世界の主要都市でパイロットプログラムを始動させており、20年には東京でのアプローチも始まる。

 ループの取り組みは、イオンの先端事例をはじめとして、日本でも廃棄物を出さない前提での製品開発や、そもそも廃棄物が出ない新サービスの開発など、潜在的なビジネスチャンスが多く含まれているといえそうだ。


ログイン/会員登録

通販通信ECMO(エクモ)会員
ログイン

パスワードをお忘れの方へ

資料掲載企業ログイン

パスワードをお忘れの方へ

ダウンロードするにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では個別資料のダウンロードはできません
上記(無料登録)をクリックして登録してください。

※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

イベント・セミナー予約するにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」ではイベント・セミナー予約はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。

記事の続きを読むにはログインが必要です。

旧「通販通信」サイトの会員情報では通販通信ECMO(エクモ)会員としてログインできません

パスワードをお忘れの方へ
会員登録されてない方 通販通信ECMO(エクモ)会員
(無料登録)

「資料掲載企業アカウント」では記事の全文閲覧はできません。上記(無料登録)をクリックして登録して下さい。
※旧「ECマッチング」サイトの「ECマッチング会員(ECサイト運営者)の会員情報は、そのまま通販通信ECMO(エクモ)会員としてご利用いただけます。